折り紙 うさぎ 折り方-風船うさぎ 兎のお菓子入れや箸置き作り方

うさぎの折り紙飾りを
いくつかご紹介します。

・風船うさぎの作り方
・うさぎのお菓子箱
・飛び跳ねるウサギ

干支の卯年(うさぎ)、
お月見飾りの一つとして
作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

折り紙 風船うさぎ 折り方

立体になるウサギの
折り紙のなかでも
特にかわいい風船ウサギの折り紙です。

折り方はいたって
簡単なのですが、
ふくらませる作業が
大変なんですよね。

動画でもフーフーしんどそうですよね。

私は、少々厚めの折り紙で
折ったのもあってか、
息でフーフーやっても
全然ふくらみませんでした。

※そこで長めの爪楊枝、
竹ひごといった工作用品で
息を吹き込む穴から入れて
内部を広げるように
膨らませてみてください。

こっちの方が全然ラクに
膨らませることができますよ♪

お月見飾りにするのに
とてもいいと思うのですが、
お年寄りや小さな子どもが
最後のふくらましを
しようとすると大変だと思います。

なので細い棒状のもので
膨らませて仕上げてください。

とってもかわいらしい
うさぎの飾りができますよ。

折り紙 うさぎの箸置きの作り方

うさぎの箸置きは、
ご紹介した風船うさぎ
の折り方のままで、
10cm×10cmの折り紙で作ると、
ちょうどいい箸置きを作れますよ。

最後の膨らませ方も
ご紹介したやり方で、
膨らませてくださいね。

箸置きになるくらいの
大きさなので普通の
爪楊枝を使えばOKです♪

9月のお月見のときに
かわいい風船うさぎの
箸置きを作ってくださいね。

折り紙 うさぎの箱 お菓子入れ作り方

お菓子入れになる
うさぎの折り紙飾りです。

外国の作り方動画で
外国語で説明が入っていますが、
動画の折り方だけでも
十分作りきれますよ。

うさぎの体(体毛)は
白い毛というのが一般的
なので、普通の片面カラーの
折り紙で作ってもいいのですが・・・

スポンサードリンク

普通の片面カラーの
折り紙で作ると、
白の面の方は安っぽく、
色合い的に寂しくなるので
両面カラーの折り紙で
作ってもいいですよ。

うさぎに似合う
薄い色、淡い色の
両面カラーがいいかなと思います。

終盤に進むにつれて
少し難しくなってきますが、
なかなか良いカンジの
うさぎちゃんになりますよ♪

お月見の季節飾りで
このウサギのお菓子箱を
作ってみるのもいいですね。

折り紙 跳ねるウサギの作り方

これはおまけになりますが、
ぴょんぴょん跳ねる
うさぎの折り紙です。

お子さんがいるご家庭で、
遊び感覚で作ってみてください。

私が最初に作ったとき、
やや厚めの折り紙で
作っていったので、
飛び跳ねる部分の
折りこみがかなり
きつかったですね。

ずんぐりむっくりな
ウサギになってしまって、
うまく跳ねませんでした。

通常の薄い折り紙なら
跳ねるうさぎになりますよ。

なぜだか私が作ると、
うさぎには見えない
カンジがしましたが・・・

お月見飾りの一つで
余裕があるなら作ってみてください。

うさぎの折り紙は他にもたくさんあります。
オーソドックスな簡単なうさぎの折り紙から本格的な難しい立体のウサギの折り紙まで特集記事としてまとめています。
もしよかったら他のいろんなウサギの折り紙も楽しんでみてくださいね。

>> うさぎ 簡単な平面&立体の折り紙の折り方
>> うさぎ 立体の難しい折り方 上級向け折り紙

折り紙 うさぎの飾り作り まとめ

うさぎの折り紙飾りを
ご紹介してきました。

風船うさぎや
お菓子入れや箸置きなど
うさぎそのものの
折り紙ではなく、
飾り付けや実用性のある
折り紙飾りを取り上げました。

干支の卯年(うさぎどし)に
うさぎの飾り付けとして
作ってもいいですし、
9月のお月見飾りの時に
作ってみてくださいね。

幼稚園や保育園児には
作り方が少し難しい
かもしれませんので、
大人が手伝ってあげるか
作ってあげてください。

高齢者のレクの1つで
こういう折り紙飾りを
製作してみてもいいですね。

かわいいウサギを
たくさん作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑