夜行バスは危ない?夜行バス利用の安全性・危険性は?【体験談】(1)

夜行バスの安全性・危険性についてですが、
確かに夜行バスは、定期的に大事故を起してしまっていて、
よくニュースを騒がせているので、
確かに怖いなと感じる人も多いと思います。

採算をとるために、無理な勤務スケジュールにより、
疲労蓄積により、居眠り運転で事故を起し、
夜行バス・長距離バスは危ない、
といったことがよく論じられていると思います。

スポンサードリンク

運転手さんは、だいたい2人体制になっていると思いますが、
その運転手さんのひと月の休日は、3日とか4日とかで、
交代制になっているとはいえ、何日もの連続勤務で疲労が重なり、
悲惨な結末に陥る、といった流れがほとんどです。

よって、夜行バスが危険である、夜行バスは安全ではない、
という認識を持っているのであれば、
利用しないという選択をすればいいのですが、
私はわりと、夜行バスを利用させて頂いているので、
私が感じる夜行バスの危険性・安全性について述べたいと思います。

どの夜行バス会社を利用しているかは、ここでは言いませんが・・・
というか、予約するときの時期や、シートの種類(1人用シート)、料金等、
多角的に見て、一番の落としどころで選択するので、
結果的に予約するバス会社はけっこうバラバラです。

夜行バスは危ない、安全性に疑問符がついたのは、
上記に述べたような環境によって問題が引き起こされるからですが、
私が利用した夜行バスは、運転手はもちろん2人態勢で、
夜行バスに乗っての移動中、深夜の間もけっこう起きていましたが、
一応、特に運転が危険だとかは感じませんでした。
(居眠り運転がいつ起きるのかは、誰にもわからないんですが)

スポンサードリンク

ちなみに夜行バスの車体の底面というか、
底の部分に運転手さんの仮眠室が設置されているんですよね。

バス中央付近から、下に降りていく階段があって、
運転手さんの一人が、降りていくのを見たことがあります。

なので、運転手さんが横になって休息はできる、
といった環境は整っていました。(私が見たバスでは)

ただ、定期的に深夜バスや
長距離ツアーバスの大事故が起きているは確かです。

夜行バスを利用する側は、乗っているだけで
事故を回避できるわけではないので、
どうしても不安であるなら、別の交通機関を利用することがおススメです。
ただ、他の公共交通機関は、どうしても高額になってしまいます。

夜行バスを利用するのは、何といっても
料金が安くて済むから、といったことが一番の理由かなと思います。

どちらを選択するか、ですね。

夜行バスを利用するにあたって、
事故の危険性がありますが、
夜行バスが危ない、安全面に問題がある、という点で
私が思う危険性は、別の側面もあると思います。

事故だけではありません。

事故で命を代償にするほどではありませんが、
それでも、夜行バスの危険性という面で、
大きな落とし穴があります。

夜行バスの別の危ないポイントというのを、次の記事
夜行バスは危ない?夜行バスの安全面・危険性は?【体験談】(2)
で詳しく述べたいと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑