折り紙 こいのぼり 折り方 簡単な作り方や立体的な鯉のぼり手作り

こどもの日、端午の節句に
折り紙で作る鯉のぼりの折り方です。

鯉のぼりは、形が単純なので
折り紙でも作りやすいですね。

簡単な折り方や
立体的な折り方をはじめ
吹き流しと矢車の折り方まで
鯉のぼり飾りの折り方を
網羅してご紹介します。

お好きな鯉のぼりを
選んで作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

折り紙 鯉のぼり 折り方-簡単な作り方

簡単でリアルな
こいのぼりの折り方です。

この折り方の作り方動画は
ほかにもありましたが、
一番丁寧に手順を示した
わかりやすい動画をご紹介します。

動画の通りに折っていけば
簡単に作れると思います。

鱗(うろこ)の柄と目を
書き込むのが良いですよね。

とっても可愛らしい
折り紙飾りを作ることができます。

いろんな色の折り紙で
鯉のぼりをたくさん作って、
にぎやで華やかな飾りつけを
してみてくださいね。

簡単で鯉としての形もよく、
折り紙工作にはおススメの作り方ですよ。

折り紙 こいのぼり 折り方-簡単な作り方

もう一つ鯉のぼりの折り紙の
折り方をご紹介します。

折り紙創作のプロの方による
こいのぼりの折り紙です。

折り紙創作のプロフェッショナル
の折り方だけに、最初にご紹介した
折り方よりは複雑に感じるかもしれませんね。

ただ、難しい折り紙ではなく
簡単なレベルという範囲内です。

実際に折ってみたのですが、
形的には確かに鯉ですが、
なんか物足りない感じがします。

折り込んでいって、
目の部分など上手く折り紙で
表現しているとは思いますが、
やっぱり手書きで鯉の目とか
入れる方が、感情移入できますね。

この辺は好みが別れると思います。
お好きな折り方を選んでください。

折り紙 鯉のぼり 立体的な折り方 簡単な作り方

立体的な鯉のぼりの折り紙です。

立体の折り方といっても、
決して難しくはなく、
子供からお年寄りまで
簡単に作れますので心配いりませんよ。

一度、折り紙として完成させ、
うろこと目玉をどう書き込むか
イメージして、一旦バラして
模様を書いてみてください。

スポンサードリンク

完全に完成させるときには、
糊付けして仕上げたほうがいいですよ。

立体的な折り方とはいえ、
一面からの角度からしか
鯉らしい形に見えないんですよね。

そこでもう一つ、
とても簡単な立体の鯉のぼりの
折り紙をご紹介します。

折って丸めるだけで
尻尾の形にカットするだけです。

動画にあるような
和柄の折り紙で作ると
より雰囲気のある鯉のぼりが作れますよ。

丸めたままだと立体的に、
丸みを潰してペッタンコに
すれば平面の鯉のぼりになります。

鯉のぼりに必要な
他のアイテムも程よく
紹介されているので、
幼稚園や保育園といった
小さな子供の折り紙工作に
ちょうどいいですね。

折り紙 吹き流し・矢車 作り方

鯉のぼりを作ったら
鯉のぼりの上にある
吹き流しも欠かせないですね。

はさみを使って、折り紙に
切り込みを入れて作ります。

吹き流しと鯉のぼりができれば
それを飾るポールと
てっぺんにある矢車ですね。

こいのぼりとの大きさの
関係上、7.5cm角の折り紙や
小さくカットしてから
作った方がいいですよ。

ポールは、カラフルな
ストローを使うとか、
折り紙で作ってもいいと思います。

鯉のぼりをはじめ
こどもの日・端午の節句に
まつわる5月の折り紙飾りの
作り方をまとめていますので
参考にしてみてください。

>> 端午の節句・こどもの日の折り紙飾りまとめ

折り紙 鯉のぼり 折り方-まとめ

こどもの日・端午の節句に
ぜひとも作ってみたい
折り紙工作をご紹介しました。

こどもの日というと、
やはり鯉のぼりですよね。

鯉のぼりをはじめとする
五月人形の飾り付けを
ただ購入するのではなく、
折り紙などで手作りで
作ってみるのもいいものです。

ご家庭で子供たちと一緒に
楽しく作ってもいいですし、
幼稚園や保育園、または
高齢者施設の壁面飾りとして
レクリエーションで手作りしてみてもいいですね。

素敵なこいのぼりを作って
たくさん楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑