編み込み やり方 初心者でも簡単!編み込みを自分一人でできるように

編み込みが1人でできない
編み込みがきれいにできない
編み込みがくずれる

という方のために編み込みのやり方の
わかりやすい説明動画をご紹介します。

わかりやすい説明で
手の使い方などを
ゆっくりと解説しているので、
ジックリとみて編み込みを
自分一人でできるようになってくださいね。

スポンサードリンク

編み込み 動画 初心者でも簡単にできる編み込み基本

これをご覧になっているということは、
まだご自身でうまく編み込みができないという方なので、
丁寧にわかりやすく説明した動画をいくつか取り上げました。

表編み込み・裏編み込みともに
複数取り上げたのは、
どういう説明の仕方があなたに
フィットするかわからないからです。

編み込みのポイントをしっかりと抑え
自分で簡単に出来るようになって下さいね。

編み込みやり方 表編み込み・裏編み込みのやり方

髪の編み込みがうまくできない人や
編み込みを全くしたことがない
初心者用の解説動画になります。

編み込みをする時に
いつも髪の根元から
きれいな編み込みにならない

それで根元のあたりが妙に間が空いてしまい
顔のまわりを編み込みするときに
分け目が変な感じになってしまうとか

編み込みの大きさがいつもまばらで安定しない
いつも根元の編み込みが小さくなって
可愛く仕上げることができない

という方のために、
コツをしっかりと説明してあります。

ポイント
表編み込みと裏編み込みとでは仕上がり方が違う
付け足していく髪の量で編み込みの太さは違う

5:05~

足していく量によって
仕上がりの太さが変わるポイントについて

根元が細くなってしまうという悩み、
地肌が見えてしまうといった悩みを
解消するポイント

8:50~

編みはじめを小さくしたくない例

編み込んだ毛束の太さに
違いを感じた場合の対応方法
流れや手順を説明

14:15~

編み込み初心者のためのアレンジ方法

15:55~

髪が細い人のための編み込み方法

ボリューム感に欠けてしまったり、
編み込み自体が細くなってしまったり、
根元の隙間が目立ってしまったり、
そんなときの対処法

スポンサードリンク

髪の毛が細い人でも
かなりボリューム感のある
編み込みの作り方

少し手間はかかりますが、
立体感のある編み込みの仕上げ方

27:30~

表編みの解説になります。

最初に説明の裏編みの方が
立体感が生まれるので
髪が細い人や髪の量がすくない人は、
裏編みを試してみてください。

慣れるのに時間がかかると思いますので、
しっかりと練習してみてくださいね。

編み込みの作り方 手の動き全部わかりやすく説明

編みこみの作り方・やり方を
わかりやすく説明している動画です。
まずは表編み込みの編み方ですね。

この解説では、きつめの
編みこみをしていますね。

手の動きをゆっくりと
わかりやすく説明されているので
わかりやすいと思います。

裏編み込みの作り方

同様に裏編み込みの手の動きを
しっかりとわかりやすく説明した
動画になります。

しっかりと基本から忠実に学ぶことで
編み込みのやり方をマスターしてみてください。

編み込み やり方 初心者でも簡単!-まとめ

編み込みアレンジをするなら
当たり前ですが基本となる
編み込みができないといけません。

どうしても自分で編み込みができない
という方でも、動画を参考に練習を
重ねればうまく出来るようになりますよ。

編み込みをアレンジできれば
いろんなシーンに合わせることができます。

かわいい髪型や
優雅なお嬢様風の編み込みアレンジ
大人らしいアレンジ

おしゃれなヘアアレンジのための
ワンポイントになる編み込みアレンジ

結婚式やパーティー
お誕生日会や
入学式や卒業式
デートや合コン

服装に合わせた編み込みアレンジなど

今回ご紹介したわかりやすい説明動画で
ぜひとも編み込みをできるようになってくださいね。

※編み込みの作り方が
上手くできるようになったら、
さらなるアレンジに挑戦してみてください。
編み込みの応用ヘアアレンジは、
こちら を参考にしてみてください。
スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑