髪型 ボブ アレンジ作り方 ボブのセット・ヘアアレンジやり方特集

ボブヘアのアレンジ特集です。

ボブヘアカタログとしても
参考にしてみてくださいね。

● ボブの編み込みアレンジ多数
● ポンパドール ボブアレンジ
● ボブのアップスタイル

など、シーンに応じて使い分けてみてください。

スポンサードリンク

ボブ アレンジ ~ ミディアムボブ ツイストアップ

髪を伸ばしはじめている人など
髪の長さが微妙なとき、
肩上くらいの長さでアップアレンジをしたい
というときにピッタリのボブアレンジになります。

スタイリング剤を全体に馴染ませます。

サイド部分から毛を少量ずつ、
内側にねじっていく作業になります。

1つねじったら、同じように少量の髪を足し、
内側へねじっての工程を繰り返し、
動画のように後ろ半分まで作ります。

慣れないと少し難しいかもしれませんね。

襟足の辺りが崩れやすくなるので
ピンの留めはしっかりしておいてくださいね。

最後の髪飾りは、軽めのものであったり
華やかなものであったり、状況に応じて変えてみてください。

ボブ アレンジ ~ ミディアムボブでつくるギブソンタック

ミディアムボブヘアの簡単アレンジです。

両サイドの髪を編み込みます。

両サイドの編み込みを後ろでゴムでまとめて
そこに後ろの襟足の毛を中に入れるだけです。

ボブヘア簡単にかわいらしくアレンジできます。
やっぱり編み込みは、かわいい感じに仕上がりますね

ヘアアクセサリーや髪飾りは状況に合わせて選んでくださいね。

ボブ アレンジ ~ ヘアアレンジボブカチューシャ

ダウンスタイルのアレンジです。
チェーンカチューシャを使っています。

両サイドは結びながら作るリング編み込みで
後ろはふんわりしたカールに仕上げます。

ふんわりカールは、かわいらしいですね。
簡単にすばやくできるヘアアレンジです。

※ボブのヘアアレンジということで
この説明動画を取り上げましたが、
説明で「結婚式で~」となっています。
結婚式でカチューシャはNG
ですのでご注意を!

他のシーンでお使いくださいね。

ボブ アレンジ ~ ポンパドール カジュアルボブ

ボブヘアにポンパドールを
うまくマッチさせていますね。

スポンサードリンク

今までご紹介したアレンジとは違い、
バシッと決めたポンパドールスタイルは
とってもカッコ良いですね。

カッコ良くもあり、かわいいです♪
ぜひとも挑戦してみたいボブアレンジです。

ボブ アレンジ ~ ボブ アップスタイル編

ボブのアップスタイル編ですね。
トップ、サイドとセットしていきます。

全体的な仕上げをバランスよくするのに
練習が必要だと思いますが、
慣れればすぐにできるようになります。

ボブ アレンジ ~ 浴衣 ボブの編みこみスタイル

こちらのボブアレンジの編み込みは
裏編み込みで作っています。

こちらの編み込みは大きめで
フワッとさせていますね。

やわらかい感じがしてこういうのも良いですね。

片方のサイドは内側にねじっただけですが
そこには素敵な髪飾りを付けてバッチリですね♪

浴衣や着物、振袖にも合うボブアレンジです。

髪型 ボブ アレンジ作り方 ~ まとめ

ボブのヘアアレンジ特集でした。
簡単アレンジで雰囲気がガラッと変わりますね。

ボブヘアをちょっとお洒落に、
かわいらしくアレンジしたい!
というときにぜひとも参考になさってください。

なかには、

成人式の髪型でボブヘアのアレンジ方法は?
振袖に合うボブアレンジは?
袴で卒業式を迎えるときのボブアレンジは?

とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そんな大事なシーンで、
本格的なボブアレンジを決めたいのなら
美容院でセットしてもらうのが一番です。

華やかなアレンジから
大人しめなアレンジまで
多彩に対応してくれるでしょう。

自分でセットするヘアアレンジで十分なら
動画解説のスタイルなど参考にしてみてくださいね。

結婚式への参加や二次会パーティー
ちょっとお出かけデートや合コンパーティー
少しだけお洒落が必要なシーンでも
自分でセットできるかわいらしいボブアレンジだと思います。

ボブといっても伸びかけ・伸ばしかけ途中で
ヘアアレンジに困っているという方もいるでしょう。

ご紹介したボブアレンジをしようにも
少し長さが足りない・・・
といったケースもあると思います。

その場合は、他にご紹介している
ヘアアレンジを参考にしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑