クリスマスカード 子供の手作り工作 小学生~幼稚園児が簡単に作れる

子供でも簡単に作れるクリスマスカードの作り方をご紹介します。
手作りのクリスマスカードは心温まるものがあります。

小学生から幼稚園・保育園と子供のレベルに合わせて
作り方を選んでみて下さい。

スポンサードリンク
  • 単純で簡単なクリスマスカードの作り方
  • 複数のクラフト用紙で作るクリスマスカード
  • 飛び出るポップアップ式のクリスマスカードの作り方

クリスマスの飾り付けになる折り紙の折り方は
のちほどご紹介する別のページにまとめていますので、
そちらを参考にしてみてください。

子供でも簡単に作れるクリスマスカード

幼稚園や保育園児でもつくれる簡単な手作りクリスマスカードです。

台紙となるクラフト用紙に
別紙で作ったクリスマスオーナメントを貼り付けます。

見本では、クリスマスツリーをメインとして
星を散りばめています。

chri-card-s02

クリスマスツリー部分の作り方

chri-card-s01

クラフト用紙や折り紙を2つ折りにして
図のようにツリーの半分を書きこんで、
形に添って切り抜くだけです。

文字の「メリークリスマス」の部分は、
もちろんカタカナやひらかなでいいですし、
幼稚園・保育園児などは、まだ字が書けない子もいるでしょうから、
先生がカタカナで下書きをしてあげて、それにならって書き込むというようにフォローしてあげてください。

クリスマスオーナメントは、
金色の折り紙などで星の形を切り抜いたり、
折り紙そのもので、ベルや星、サンタクロース、
サンタクロースの帽子やブーツを折って、
カードに貼り付けてみても良いですね。

また、絵が好きな子がいたら雪だるまなど
絵をかいてみてもいいと思います。

その子の個性を引き出せるようなカード作りができたらいいですね。

複数のクラフト用紙を合わせて作るクリスマスカード

先ほどの作り方より、ほんの少しだけ手間をかける作り方です。

クリスマスツリーを切り抜いたあとの用紙を使い、
台紙に貼り付け、2重のつくりにします。

chri-card-s2

スポンサードリンク

これに、さらにいろんな飾り付けをしてみて下さいね。

切り抜いたクリスマスツリーの部分は、
クリスマスカードの表紙に使いましょう。

chri-card-s2-hyousi

表紙の装飾は、メッセージ面と同じように
オーナメントを貼り付けてもいいですし、
包装用のクリスマス仕様のデコレーションテープで
リボンにして貼り付けたりしても良いと思います。

飛び出るポップアップクリスマスカードの作り方

ポップアップ式のクリスマスカードは
こちら にまとめています。

わかりやすい動画付きで説明しているので作りやすいと思います。

クリスマスカード作成に必要なもの

クラフト用紙2枚(必要に応じて)
土台をしっかりするには
0.2~0.25mm厚手のクラフト用紙がおすすめです

折り紙など
星やすずなどの飾りを折り紙を切り抜いたり、
折り紙そのものを折ってオーナメントを作ります

鉛筆
ツリーやオーナメントの下書きに

カラー(ポップ)ペン
メッセージ書きに使います

(はさみ)

定規

のり

折り紙で作るクリスマスオーナメントは
こちら を参考にしてみてください。

子供でも作れるクリスマスカード-まとめ

既存製品のきれいなテンプレートを使っての
クリスマスカード作りは、書き込むだけで便利ですが
それでは暖かみが少ないですよね。

やはりハンドメイドのクリスマスカードは、
心温まるものがあります。

クリスマスオーナメント(飾り)は
色んなものがありますので、工夫してみてくださいね。

幼稚園・保育園のクリスマスレクリエーションで
クリスマスカードを作ることもあると思います。

お友達に送ってあげてもいいですし、
高齢者施設のお年寄りへメッセージを添えて作ることもあるでしょうし、
お父さんやお母さんに送るために作ることもあると思います。

大切な人に向けて送るカードですから
心を込めて、ていねいに作りたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑