夜行バス4列シートは寝れない?疲れる?4列シートの辛さについて【体験談】

夜行の長距離バスを利用する際、4列シートは狭いので、
寝れないのではないか?到着しても疲れ果ててるのではないか?
と心配される方も多いようです。

  • 夜行バスの4列シートと3列シートの違い
  • 夜行バスの4列シート 誰と座る?
  • 夜行バスの4列シートのメリット

について、実体験と友人の感想も踏まえてまとめてみました。

スポンサードリンク

夜行バスのシートは、様々なタイプがあります。
主には、3列シート、4列シートに分かれると思います。

夜行バスを運営しているバス会社によって、
座席シートの名称はさまざまです。

プレミアムシート
スーパーシート
スーパープレミアムシート
のびのびシート
ゆったりシート
ゆったり4列シート

などなど、色々なネーミングを使って、
快適な乗り心地を演出しています。

さまざまなネーミングですが、
座席の広さのみでいえば、それほど大差はありません。

その車体の新旧にもよりますが、
細かい色んな装備もそれぞれです。

夜行バスの4列シートと3列シートの違い

私は、1人用のシートしか予約しませんので、
4列シートの乗り心地はわからないんですが、
夜行バスの4列シート(2人ずつのシート)というのは、
どうしても狭くなるので、きついなと感じることがあると思います。

夜行バスによっては、4列シート(2人ずつのシート)が並んでいる中、
1人用のシートが混合しているタイプもあり、
私はそのバスに乗ったことがありましたが、
やはり4列シートはきつそうでした。

私の友人も、4列シートは寝れない、きつい、辛い
といった感想が多かったです。

なので、やはり
3列シート(一人だけの座席でセパレートになってる)がおススメですね。
4列シートよりも割高になるのがネックですけど。

スポンサードリンク

そもそも、シート云々の前に、長時間バスに乗るという時点で、
普段にはない、不慣れな状態なので、どうしても疲れます。

そんな中、夜行バスというのはシートに座った状態で
睡眠をとるので、4列シートの狭い中で長時間過ごすのは、
かなりグッタリとします。

何より、1人用シートに乗っているだけでも疲れます。

夜行バスの4列シート 誰と座る?

4列シート(2人ずつのシート)で、隣が家族か友人知人ならいいのですが、
全くアカの他人だと、これまた気疲れが加わることもあるでしょう。

こういったことが重なると、
夜行バスの4列シートはしんどい、
ということになります。

ただ、夜行バスには、頭の部分に大きなカバーというか、
帽子みたいな?頭部を完全にカバーできるものが付いている場合があります。
美容院のパーマをあてるデッカイ機械みたいなイメージです。

これが少しでもパーソナルエリアを作り出してくれるので、
多少、気がまぎれると思います。

あなたが、神経質な性格であるというのであれば、
その辺の装備も忘れずチェックしておいてください。

頭部カバーが付いていないバスもありますので、
ご利用される夜行バスに、どういう装備が揃っているのか
十分にチェックをしておいてください。

夜行バスの4列シートのメリット

4列シートは、寝れない、きつい、辛い、
など散々述べてきましたが、
安い値段で移動できるという面があります。

これが最大のメリットではないでしょうか。

神経質な方であれば、しんどいかもしれませんが、
仲の良いお友達や、ご家族といった、
身近な方と一緒にいたいといういうのであれば良いと思います。

その他の、細かい装備については、
バス会社によって様々で、女性専用の深夜バスもあるので、
あなたが納得するサービスを揃えているところを見つけてみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑