有馬温泉 お土産選びならコレ!おすすめのお土産を特集

ゆっくり有馬温泉を楽しむ時間があればいいですが、
日帰りなどで滞在時間があまりない場合、
お土産も買う時間も節約しないといけませんね。

有馬温泉に到着してリサーチしていては
遅いかもしれませんね。

スポンサードリンク

有馬温泉を楽しむ、ということが第一なので
お土産品リサーチなどに時間を割かずとも、
最初から、誰々にはこのお土産を、とイメージして、
お目当てのお店でチャチャっと購入を済ませちゃいましょう。

吉高屋

吉高屋は、有馬温泉の名産品や和のクラフトが中心の
オリジナル商品あふれる明治時代創業の老舗土産物店です。

ここで有馬温泉のお土産として、有名 でおすすめなのが
「カメ印美肌石鹸」「カメ印自宅湯原料」です。

「カメ印美肌石鹸」

美肌石鹸は、有馬温泉の新鮮な炭酸泉を配合した石鹸です。
きめ細かな泡で洗い上がりしっとり
ナチュラルな潤い感を実感できますよ。

お肌しっとりツルツルになるので、
女性へのお土産としては最適ですね。

【神戸セレクションⅢ】に選定されていて、
平成25年度【5つ星ひょうご】にも選定されています。

「カメ印自宅湯原料」

有馬温泉の温泉分析書に基づいた画期的な入浴剤です。
金湯・銀湯の2種類あり、自宅にいながら
有馬温泉気分を味わうことができます。

これも親しい人への
お土産として適切かもしれませんね。

とくに寒い季節に贈ると
喜 んで貰えるのお土産ではないでしょうか?

オリジナルトートバックも
レトロな雰囲気を醸し出して素敵ですよ。

吉高屋
兵庫県神戸市北区有馬町259
神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩約1分
TEL 078-904-0154
9:00~20:00
定休:水曜日(祝日場合は営業)

きんせん堂の「金泉焼」

名物「金泉焼」は、神戸コレクションにも選ばれてます。
アンをやわらかい御餅でくるんで、
お醤油でジュワッと焼き上げてます。

みたらしのような甘辛い風味がして、
もちもちした食感がたまらないですよ。

お土産にはもちろんのこと、
ぜひとも出来立ての金泉焼を
食べてみて下さいね。

試食して、一発で気に入る人が多いようですよ。
有馬温泉に来れば、必ず購入するというファンの多い名物です。

スポンサードリンク

通販もやっているので、あ!あの人の分忘れた・・・
とか、時間が足りなかったときなどは、
通販を利用してくださいね。

きんせん堂
神戸市北区有馬町266-2
TEL 078-904-4755
営業時間 9:00~18:00

三津森本舗の「炭酸煎餅」

有馬温泉に来たら、必ず買って帰る銘菓というか、
有馬温泉=炭酸せんべいとも言われる一品です。

炭酸煎餅は、たくさんのお店が売っていますが、
この三津森本舗さんは一枚一枚手焼きという丁寧さがウリです。

パリッとした食感が特徴で、風味も豊かで実に美味ですね。
割れてしまったワケありな煎餅を試食として提供してもらえますよ。

なので、試食分を見つけたらぜひともご賞味してくださいね。
味も数種類あるのでお気に入りをどうぞ。

三津森本舗は、お店の中の雰囲気も良く
何というか老舗の風格がにじみ出てるところが印象的です。

初めての人は、まずは試食してみて、
お土産 にするかどうか決めてみて下さい。

通信販売でも購入できますよ。

三津森本舗
神戸市北区有馬町290-1(本店)
TEL:078-903-0101
営業時間 9:00~18:00
店舗複数あり

「太閤通」有馬温泉のお土産スポット

中心街「太閤通」には有馬温泉の
名物品がたくさんあります。

有馬人形筆

筆を持つと人形が顔を出す仕掛けがあります。
変わった仕掛けも面白いのですが、
筆軸の美しさも素晴らしいものがあり、
お土産としていいのではないでしょうか。

有馬籠

千利休が茶道具として作らせた竹細工です。
現在では、生活雑貨から証明、バッグまであります。

まとめ

無難なお土産を選ぶのであれば、
ご紹介した各種銘菓ですかね・・・

シブく竹細工をお土産にするのもいいですけど、
お友達や会社に持っていくお土産なら、
基本の「炭酸煎餅」になってしまいますね。

まあ、結局はお土産なんで
基本的なものでいいのではないでしょうか。
あれこれ悩む時間ってのはもったいないですし。

何よりも、あなたご自身が
有馬温泉を楽しむことが一番大事ですからね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑