折り紙 F16 折り方 簡単~難しいファイティングファルコン

F16ジェット戦闘機、通称【ファイティングファルコン】の折り紙の折り方です。

大きな垂直尾翼が特徴的なF16の折り方を、色んなタイプ別ごとに取り上げてみましたので、お好みの作り方で楽しんでくださいね!

● 折り紙 F16 折り方 かっこいい戦闘機の作り方
● 折り紙 F16 難しい立体の折り方
● 折り紙 F16 簡単な折り方

スポンサーリンク

折り紙 F16 折り方 かっこいい戦闘機の作り方

A 4のコピー用紙から作っていける F 16戦闘機ファイティングファルコンの折り紙です。

動画内での説明にもあるように、難しい・・・というのは人それぞれでしょうが、折り込みが多く、簡単とは言えないかもしれませんね。

ただ、動画での手順どおり丁寧に折り込んで行けば無事に完成に至ると思います。

尾翼周辺の折り込みか少々かさばるかもしれませんね。

主翼、垂直尾翼、水平尾翼、ともに実物のF16に近いので、忠実なフォルムを望むなら、この折り方がおススメかと思います。

胴体部分と主翼の付け根というか位置関係というか、いかにも折り紙で作ったという形状だなという感じはしますが、胴体と主翼のつながり部分に、よりリアリティを望なら、以下にご紹介する折り方を参考にしてみてください。

とはいえ、こういったジェット戦闘機を折り紙で忠実に再現するというのも無理がありますし、どの折り方も一長一短ですので、色んな折り方で作って確かめてみて下さい。

折り紙 F16 難しい立体の折り方

このF16の折り方もA4のコピー用紙サイズの紙から作っていきます。

普通の真っ白なコピーをしてもいいですし、カラーの用紙を用意できるのであれば色んな色のF16ジェット戦闘機を作ってみてもいいですよね。

この折り方も、折り込み手順が多く、折り紙としては難しい部類に入るかもしれませんね。

さらに、この折り方で完成させたF16は少し胴長すぎないかな~といった感じが否めないんですよね。

スポンサーリンク

もう少し胴体が短ければ本物に近いフォルムになると思うのですが、まあ折り紙ですので限界はありますよね。

この折り方もお尻の方の尾翼辺りの折り込みがちょっと細い作業になってきて、丁寧な扱いが必要になってきます。

F16の最も特徴的ともいえる、大きい垂直尾翼についてですが、この部分は折り込み具合によって大きさなどを多少調節することができます。

あまりに大きくなるように折り込むと、不自然な出来上がりになりますが、適度の大きさやフォルムに調整できますで、F16ファイティングファルコンにとらわれず、お好みの仕上がりにしてみてもいいと思います。

折り紙 F16 簡単な折り方

最後は、ここまでご紹介してきた折り方に比べると、比較的簡単な折り方をご紹介します。

私はA4用紙から作ってみました。この折り方は、今までのよりも簡単だったと思います。

戦闘機のような特別なフォルムの折り紙を、お手軽に折りたいのであれば、これくらいが丁度イイといえるかもしれませんね・・・人それぞれのこだわり次第ですけどね。

小さなお子さんであれば、この折り方が難しくなくていいと思いますよ♪

どの折り方もそうですが、同じ折り込みを左右対称で折り込んでいいけばいいですし、この折り方は簡単ではありますが、仕上がりのフォルムはなかなかなのもので、私は気にいってます。

折り込みの角度次第では、主翼の角度とかも変わってきて、F16とはまた違った雰囲気の戦闘機に仕上がるんですよ・・・とはいえ私が作った結果、そうなっただけで、ただ単に正確に折っていなかっただけかもしれませんが(笑)

まとめ

F16ジェット戦闘機、ファイティングファルコンの折り紙の折り方をご紹介しました。

F15戦闘機などは垂直尾翼が2枚ですごく豪華な感じでかっこいいんですが、F16は大きくて真っ直ぐな垂直尾翼が1枚だけなんですよね。

垂直尾翼が特徴的なため水平尾翼が小さめに見えるところもポイントですね。

垂直尾翼が2枚あったほうがとてもかっこよく見えるのですが、 F16のようにとても大きな垂直尾翼を持ったジェット戦闘機もなかなかいいものです。

ジェット戦闘機の折り方は、各種まとめていますので、お気に入りのジェット機の折り紙を作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑