折り紙 宇宙船 UFO 円盤型 折り方 簡単な平面の作り方

簡単な宇宙船(UFO)の折り紙の折り方です。

小さな子ども向けの飛ばして遊べる折り方から、平面仕上げの簡単な宇宙船(UFO)の折り紙です。

● 折り紙 UFO 飛ばして遊べるユーホーの折り方
● 折り紙 宇宙船 円盤型UFO 折り方
● 折り紙 UFO 三角形のユーホーの折り方

スポンサーリンク

折り紙 UFO 飛ばして遊べるユーホーの折り方

円盤型ユーホーの折り紙ですが、飛ばして遊べるので、小さなお子さんにはオススメの折り紙工作になります。

同じような折り込みを繰り返していくだけなので、簡単だと思います。

終盤の裏側の折り込みは、動画をよくご覧になってどこに折り目を付けるか、ご注意くださいね。

最後の方は、折り込みも重なってきて、折るのも少し大変になるかもしれませんので、通常の折り紙であれば大丈夫ですが、厚みのある折り紙では、しんどいと思います。

この作品はですね、折り紙として遊ぶというよりも、やはり飛ばして遊ぶのがメインと言っていいと思います。

あなどるなかれ!この円盤UFO、なかなか良い飛びっぷりをするんですよ!

手首のスナップを効かせて、よく回転させるようにして、飛ばすというよりも浮かせる感じで空中に放つと、空気に乗るような動きで移動するような感じになります。

良い大人の私も、「おおッ!」と思ったくらいですから。

お子さんの遊び道具として、この折り紙は本当にオススメですよ♪

色んな柄の折り紙で作って飛ばして遊んでみて下さいね!

オーロラカラーの折り紙やホログラム系の折り紙なら、まさに神秘的で本格的なUFOとして完成させることができると思いますし、回転させて飛ばしたら、とってもいいと思いますよ♪

折り紙 宇宙船 円盤型UFO 折り方

とってもシンプルで簡単な平面仕上げになる円盤型UFOの折り紙です。

私はチェック柄の折り紙で作ったのですが、カラフル過ぎるというか、可愛らしい雰囲気の円盤UFOになりました(笑)

スポンサーリンク

この円盤型UFOの下の部分(逆三角形の部分)には、黄色の色鉛筆や黄色の蛍光マーカーで色づけしたら、もっとUFOらしくなりますよ!

その逆三角形の部分は、少し折り曲げて台形のような形に仕上げると、安定感のあるフォルムになりました。

この辺はお好みで、自由に作リ変えていってください。

自由に、そして自分好みに作るのであれば、裏表が白の折り紙で作って、円盤ユーホーのボディ部分も色鉛筆などで色づけや柄を描きこんだりしてみても面白いと思います。

小さなお子さんと折り紙遊びするのであれば、そのような折り紙工作が良いかもしれませんね。

窓の部分にはエイリアン~宇宙人を描き入れて、より完成度の高いUFOの折り紙になると思いますよ。

宇宙から飛来してきたリアルな円盤UFOとして完成させてみてくださいね!

折り紙 UFO 三角形のユーホーの折り方

これも簡単に作ることができるトンガリ頭が特徴のUFOです。

とっても可愛らしいUFOですよね。

パっと見た時に、フォルム的に帽子かな?と思わなくもないですが(笑)、もしこの形が帽子に見えて気になるのであれば、頭の部分を折り曲げて円盤型UFOに近づけてもいいと思います。

もしくは、本体の部分が3段になるように折り重ねても、見栄え的に十分でしたよ。

下段の部分の厚みを少し薄くしてみたりと、お好みのフォルムを探してみて下さい。

窓部分の丸の切り抜きは、お好きな色や形に作りこんでもらえたらと思います。

※ただし、■の形にすると、そのフォルムから【家】になってしまうおそれもありますよ(笑)・・・やはり窓の部分は、●の形や、せめて楕円形?くらいがUFOらしいかなと思います。

※窓の●を付けなかったら、ますます帽子というか兜(かぶと)にも見えますので、ここの工作はしっかりと行った方がいいと思います。

まとめ

子ども向けの宇宙船(UFO)の折り紙の折り方をご紹介しました。

やはりお子さんにオススメなのは最初にご紹介している、飛ばせて遊べるUFOかなと思います。

他の平面仕上げの宇宙船(UFO)も折り紙遊びて作るのであれば、簡単で良いと思いますよ♪

ご説明したように、やりようによっては、フォルムをお好みに変形させたり、切り貼りによって、オリジナルの宇宙船の折り紙を作ることができるので、楽しい折り紙工作になると思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑