折り紙 亥年 いのしし 折り方 お正月の干支の折り紙の折り方

inoshishidosi● 亥年 折り紙(イノシシの折り紙の折り方)
● 亥(いのしし)の折り紙 各種折り方
● 亥年(いのしし)の他のお正月の折り紙の折り方

スポンサーリンク

折り紙 亥年 干支の折り方

新年を迎えたお正月に作ってみたい亥(いのしし)の折り紙です。

せっかくのお正月ですので、簡単ですが少し本格的なイノシシの折り紙を作って飾り付けてみてはどうでしょうか?

ただの折り紙というよりも、簡単な折り紙工作になりますね。

お正月なので、こういう手の込んだ折り紙作品を作るのもいいのではないでしょうか。

顔の折り込みは、簡単ではありますが、キバの部分の裏返し作業が、小さなお子さんには難しいかもしれません。

また、別の小さな折り紙から作っていく鼻の部分は細かくなって少し器用さが必要かなと感じました。

赤のホッペの部分は、動画のように赤ペンで描き込んでもいいですし、赤色の折り紙を穴あけパンチで空けてれば、まん丸なホッペをくり抜くことができますよ。

和風柄の折り紙で枠などを作れば、新年の干支にふさわしいお正月仕様の亥年の折り紙飾りにすることができます。

細かい部分の折り込みは、少ししんどくなるので、薄手の折り紙で作っていった方がいいと思います。

私は、少し柄の入った厚めの折り紙で作っていったのですが、細かい折り込み部分は、厚くなってしまい、綺麗に形づけるのも少し大変でした。

イノシシなので、変に柄付きの折り紙で作った私が間違っていたと思いますが、やはり茶色系の折り紙で作るのがセオリーですね。

また、キバの部分があるので、通常の片面カラーの折り紙で作るのがいいと思います。

とはいえ、どんな折り紙飾りにするかは自由なので、色んな模様のイノシシを作っても面白いかもしれませんね・・・お正月なので、金ピカや銀ピカのイノシシとか(笑)

頭の毛の模様や、目の雰囲気も、お好みの模様で描き込んで、かわいいイノシシ作りを楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

亥(いのしし)の折り紙 各種折り方

今回ご紹介したイノシシよりも、もっと小さな子ども向けの簡単な折り方をお望みの方もいらっしゃると思います。

または、立体タイプの立たせて飾り付けることができるような、本格的なイノシシの折り紙に挑戦してみたいという場合もあると思います。

お正月にふさわしいイノシシ・・・というのは人それぞれですが、多彩な折り方をまとめていますので、お好みのイノシシを見つけて作ってみてください。

>> 立体の本格的なイノシシの折り紙
>> 簡単な子ども向け いのししの折り紙

お正月のゆったりしたひとときに、難し目の立体タイプの折り方をジックリと楽しんでみてもいいですし、簡単な折り方をお子さんとたくさん作ってみても良いと思います。

亥年(いのしし)の他のお正月の折り紙の折り方

亥年ということで、イノシシの折り紙の折り方をご紹介してきましたが、干支の他にもお正月といえばコレ!というお正月飾りがたくさんありますよね!

お正月飾りの折り紙の折り方もまとめていますので、イノシシの折り紙に加えて、よりお正月らしい賑わいある新年を迎えてもいいですよね!

特集しているお正月の折り紙は以下の通りです。

・お正月リースの折り紙
・鏡餅
・門松
・獅子舞
・羽子板
・こま
・だるま
・鶴(祝い鶴)
・箸置き
・箸入れ

>> 折り紙 お正月飾り 折り方・作り方

まとめ

亥年の新年にふさわしい折り紙の折り方をご紹介してきました。

お正月というと、実家に帰省したりして皆が集まると、中には小さなお子さんがいる場合があると思います。

そんなときは、お子さんと一緒に亥年の折り紙飾りを作ってみてはどうでしょうか?

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、かわいいお孫さんと一緒に作るお正月の折り紙遊びは、とっても楽しいひとときになるのではないでしょうか?

イノシシの折り紙というと、身近な折り紙のテーマではないかもしてませんが、こういうときにこそ、イノシシの折り紙に挑戦してみて頂きたいです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑