折り紙 ブルドック 折り方 難しい立体 上級者向けリアルな作り方

難しいブルドックの折り紙の折り方です。

リアルな仕上がりで立体タイプの折り紙なので、見栄えもよく、飾りとしても十分に機能しますよ!

● 折り紙 ブルドック 面白い折り方
● 折り紙 ブルドック 可愛い立体の折り方
● 折り紙 ブルドック 上級者向け立体の折り方

スポンサーリンク

折り紙 ブルドック 面白い折り方

少々折り込み手順の多い、立体タイプのブルドックの折り紙になります。

大きな特徴的な顔を前面に押し出した、可愛らしい折り紙作品となる作り方です。

私は、15cmの折り紙で作っていったのですが、それでは少し小さすぎたのか、折り込みも最後の方は若干崩れてしまいました。

できれば大き目の折り紙を使って作っていく方がいいと思います。

ブルドックの垂れ下がった目をうまく表現した折り紙で、お部屋の中にこういう作品を飾り付けて置いておくのも、なかなかイイ感じですよ。

立体タイプでキャラクター的にも存在感がありますので、大きい折り紙でも作って、ブルドックの親子として作って飾り付けると、より一層素敵な折り紙飾りになりますよ。

折り紙 ブルドック 可愛い立体の折り方

動画での折り方の手順のほかにも、右上に折り込みの図解もしてありますので、よりわかりやすいと思います。

リアルで可愛らしいフォルムのブルドックに仕上がりますよ!

【20cm×8.4cm】の折り紙から作っていっています。

通常の折り紙は、一辺15cmなので、そこから切り出していくと【15cm×6.3cm】という比率になるわけですが、これだとさすがに小さすぎると思います。

一辺20cmの折り紙はなかなか見つからないと思います。

私の近所の100均ショップでは、一辺25cmの折り紙を売っていますので、そこから切り出すとなると【25cm×10.5cm】になります。

できるだけ大きめの折り紙から作っていただく方がよろしいかと思います。

キュッとした感じの小ぶりのブルドックといった雰囲気が、たまらなく可愛らしいですよね。

最初にご紹介した、ブルドックの特徴的な顔を前面に押し出した作品とはまた一味違って、全体的なフォルムを考えた折り紙になります。

スポンサーリンク

細かな折り込み仕上げなど、器用さが必要になってくるので、この手の難しめの折り紙に慣れた方におすすめといえる折り方です。

折り紙 ブルドック 折り紙 難しい上級者向け

今回ご紹介するブルドックの難しい折り紙の折り方のなかでは、これが一番難しい折り方になります。

用意する折り紙も、動画のように大き目で薄手の折り紙をご用意してくださいね!

これは25cmの折り紙で作っていきましたが、途中からグチャッとなってしまって、失敗してしまいました(笑)

動画のように、もっと大きい折り紙で作っていかないとな・・・と感じました。

本格的に折り紙作りをされている方が作るような折り方なので、私のような凡人には難しすぎるなと。

折り紙の腕に自信のある方、または果敢にチャレンジしたいという方、細かな仕上がりもそれなりの手さばきが必要になってくると思いますが、のめり込んで作ってみてくださいね。

こういうの作れたら、自慢できますよね。

立体タイプの難しい上級者向けのブルドックの折り紙の折り方をご紹介しました。

今回ご紹介した折り紙が難しいというのであれば、簡単なタイプのブルドックの折り紙の折り方もまとめていますので、こちらを参考に作ってみてください。

とっても簡単なブルドックの折り紙で、小さなお子さん向けの折り紙にピッタリですよ♪

>> 簡単なブルドックの折り紙の折り方

まとめ

ブルドックの難しい上級者向けの折り紙の折り方をご紹介しました。

ブルドックという特徴のある犬の折り紙なので、なかなか需要がある折り紙なんですよね。

ただ、今回は上級者向けの立体タイプの折り紙ですので、きれいに仕上げるには、それなりの熟練した手さばきも必要になってくると思います。

中には、難なくスイスイと折り進めることができる上級者もいらっしゃると思いますが、普通の折り紙では満足できない方、もう少し難しめの折り紙を作ってみたい方には、おススメの折り紙ですよ。

あと、ワンちゃん好きの方にも、こういった折り紙を作って飾り付けたりするのもいいのではないかと思いますよ♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑