折り紙 カンガルー 折り方 難しい立体 上級向リアルな作り方

カンガルーの折り紙をご紹介します。

今回は、難しい上級者向けの立体カンガルーの折り方になります。

● 立体のリアルなカンガルーの折り紙
● 2枚の折り紙で作る難しいカンガルーの折り方

スポンサードリンク

折り紙 カンガルー 立体リアルな折り方

ゆっくりと丁寧に折り方を示してくれている動画なので、参考にしやすいと思います。

難しい折り方としてご紹介していますが、動画の通りに折っていけば、それほど詰まることはなく、サクサク折り進めていくことができると思います。

長くてしっかりとした尻尾、そして耳から顔にかけてのフォルムが、よくカンガルーの特徴を掴んでいる折り紙作品に仕上がります。(頭の部分は、頭だけ見ればキツネか?と思わなくもないですが)

立体的に立たせるように仕上げるには、調整が大切になってきますね。

尻尾の角度、後ろ足の折り曲げ具合をうまく合わせないと、しっかりと立たせることができないので、ここはジックリと調整してくださいね。

あと、最後の前足の細かな調整は・・・小さくなりすぎて折り込みが大変だったので、私は省略してしまいました。

だけど、前足の最終調整を抜きにしても、十分完成度の高いカンガルーになりましたから良しとしておきましょう(笑)

1枚の折り紙で、ここまでの完成度のカンガルーを作ることができれば、私個人的には十分と感じますが、これよりも、もう少し完成度の高いカンガルーの折り方を次にご紹介したいと思います。

折り紙 カンガルー 難しい折り方 2枚で作る

折り紙2枚で作る本格的な立体的なカンガルーの折り紙になります。

15cm×15cm 1枚
7.5cm×7.5cm 1枚

胴体の折り紙の4分割した1つが上半身となります。ハサミとノリも必要になります。

4:00~の折り目を一旦膨らませる感じにして折りたたむ工程ですが、動画の通りに片面に折り目を付けてから膨らませるようにしようとしても、上手くできないかもしれません。

スポンサードリンク

そういう時は、片面に折り目を付けたあと、再び逆方向に折り曲げると、バランスのよい折り目になりますので、折り目を膨らませやすくなりますよ♪

胴体部分、上半身部分、ともにベースの折り込みは同じですので、折り紙の大きさが4分の1になる上半身部分も同じようにしてみてくださいね。

2枚の折り紙に分けて製作していくだけあって、出来上がったカンガルーの完成度は高いですね。

最初にご紹介した1枚の折り紙で作る立体カンガルーも好きですが、やはりこちらの方がフォルムは本物に近いですね。

耳の部分をカットして調整していくのですが、私は何だか上手くいきませんでした・・・これは1つ目の折り方のほうが良いと感じたのですが、まあ私の調整が下手くそなだけでしょう。

完成させたカンガルーの大きさは、最初にご紹介した1枚で作るカンガルーより、ほんの数ミリ大きいというだしたが、尻尾から後ろ足、そして前足の完成度は、こちらの方が断然良いですよ~♪

最初にご紹介した折り方は、完成させた状態を見ても、折り目が目立つこともなく、シュッとしたカンガルーなのに対して、今回のは、細かな折り込みが多いだけに、折り目や調整の際に生じるシワも多いかな?という感じです。

何回か作って、シワの少ないように上手に作って頂ければいいわけですが、この辺は完成したときの折り紙作品としての好き嫌いが分かれるポイントかもしれません。

とりあえず両方の折り方で作ってみて、お好きな方のカンガルーを作って飾ってみてください。

難しい立体仕上げの上級者向けカンガルーの折り紙をご紹介しましたが、もっと簡単な折り方も特集しています。
今回の折り方が、難しいと感じたなら、簡単な折り方を試してみて下さいね!

>> 簡単なカンガルーの折り紙の折り方

まとめ

今回は、難しい上級者向けの立体カンガルーの折り紙の折り方をご紹介しました。

フォルム的にも、なかなか良い感じに仕上がる折り紙作品になると思います。

カンガルーの折り紙を折りたいと思ったり、カンガルーの折り方を教えて欲しいと言われてることは、ごくごく稀ではあると思いますが、他の色んな動物の折り紙を作る際に、カンガルーも加えてみてはいかがでしょうか?

今回の折り方が難しすぎるのであれば、ご紹介した簡単なカンガルーの折り方をまとめた記事も参考にして、カンガルーの折り紙楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑