折り紙 ぞう 簡単な折り方 幼稚園や保育園の子供向けゾウの折り紙

zou-3子ども向け(幼稚園児や保育園児など)の簡単なゾウの折り紙の折り方をまとめました。

立たせることができる立体タイプのゾウから、平面仕上げの簡単なぞうさんまで、多彩な折り方をご紹介しますので、お子さんのレベルに合ったゾウの折り方で楽しんでみてください!

● 立体タイプのゾウの折り紙の折り方(2種類)
● 平面タイプ ぞうの簡単な折り方(2種類)

スポンサードリンク

折り紙 ゾウの折り方 子供向け簡単な立体ぞう

まずは、立たせることができる立体タイプの簡単なゾウの折り方を2つご紹介します。

2つとも、ぞうの目を描き込むこともできますので、可愛らしい目やニッコリ笑った目などで、色んな表情を加えてみてくださいね!

この立体タイプが難しいというのであれば、後にご紹介する平面タイプの、もっと簡単なぞうの折り紙の折り方を参考にしてみてください。

折り紙 ゾウの簡単な折り方 立体の作り方

立体タイプとはいえ、仕上がりはシンプルなので、小さなお子さんでも簡単に作れる折り紙なので心配はないですよ。

1:00~の、ゾウさんらしい頭にするために、前方にズラす折り込みがポイントになります。

この調整具合で、『ゾウさんの動き』に違いが出てくるんですよね。

動きといっても、本当に動くわけではないですが、頭を前に出す折り込みは、動画の通りしっかりと前に出るように折り込めば、普通の状態のゾウさんになり、前に出す折り込みを抑え気味にすれば、上を向いたゾウさんに仕上がるんですよ。

つまり、鼻を高々と持ち上げて、「パオーン」って鳴いているようになり、これはこれで、なかなかイイですよ♪

上を向いたように仕上げると、立たせるのに少々アンバランスになることもあるので、その場合、鼻の反りをより後ろに持っていけば、バランスが良くなりますよ。

どのように仕上げるかは、お好みでいいと思いますし、この折り方で何頭ものゾウさんを作るのであれば、通常の折り方のに加えて、ご紹介した調整方法で、色んなフォルムのゾウさんを作って並べて飾ると、より一層リアル感が出ていいと思います。

折り紙 ゾウの簡単な折り方 かわいいスタンドぞう

この立体タイプのぞうの折り紙は、出来上がりの形がシンプルで、ちょっとしたキャラクターのようなフォルムに仕上がります。

シンプルでありながら、ぞうさんの特徴をよく掴んでいて、かわいい形の折り紙飾りといった感じですよね♪

頭から耳・鼻を形付ける場面ですが、ここが多少調整力が必要になってきます。

幼稚園や保育園に通う小さなお子さんでも折ることはできますが、この耳・鼻の部分の折り目を入れる角度調整をうまくしないと形が崩れてしまうかもしれません。

ここがうまくいかず、困っていたら、周りの大人がフォローしてあげてくださいね。

最後の鼻の折り方(仕上げ方)は、動画の通りにピッチ折ってもいいですし、本物のゾウさんらしく、丸みを帯びたように、曲線をつけて仕上げてもいいと思いますよ・・・私は、丸みを持たせて前に前方に伸ばすように仕上げてみました♪

スポンサードリンク

この辺の仕上げ方や、目を描き込んで表情豊かにしたりなど、お好きなように作ってみてくださいね。

この立体タイプの折り方が難しい、というお子さんもいらっしゃると思いますし、飾りつけのシチュエーションによっては、もっと違う形のぞうの折り紙がいいという場合もあると思います。

そういう場合は、以下の作り方を参考にしてみてください。

折り紙 ぞう 子供向け簡単な折り方

ここからは、もっと簡単なぞうの折り紙の折り方を2つご紹介します。

平面仕上げになる作り方なので、折り方も簡単ですし手順も少ないので、幼稚園や保育園といった園児たちをはじめ、小さなお子さんでも十分作れる折り紙になります。

折り紙 ぞう 顔 簡単な折り方

ぞうさんの顔のみの折り方で、本当に簡単シンプルです。

簡単に作れるゾウの折り紙として、幼稚園児や保育園児におススメです。

ぞうのお鼻の折り込み回数など、仕上げ方はご自由にして頂いていいですよ。

折り紙遊びを始めたくらいの小さなお子さんには、こういうゾウさんの折り紙がいいかもしれませんね・・・というか、ぞうの折り紙の折り方のなかで、そういうお子さんに一番合ってるのが、この折り方だと思います。

マジックやクレヨンでゾウさんの目を塗り込めば完成です。

もう少し、難しさを加えて、ぞうの体を含めた折り紙に挑戦したいのであれば、次の折り方を参考にしてください。

折り紙 ぞう 小さなこども向け 全身ぞうの折り方

平面仕上げになるゾウの簡単な折り方で、1枚の折り紙で顔から体全体を表現しています。

とっても簡単シンプルなんですが、前半の鼻の部分に当たる箇所の折り込み位置など、ややイレギュラーな角度での折り目になっていますが、そこさえ折ってしまえば、あとの折り込みは簡単ですし、最後に目と鼻のシワシワ模様を描き込むだけで完成です。

この折り方が一番手順が少なく、あっという間に、ぞうさんの体全体を表現できる折り方なので、まさに小さなお子さん向けの折り紙といえます。

ま、簡単なだけに、大ざっぱな感じのゾウさんだな~と思わなくもないですが、楽しんでゾウさんを作ってもらえればそれで十分です。

この折り方の他にも、ここまでご紹介した立体タイプの折り方もありますし、慣れてくれば少しずつレベルを上げていけばいいと思います。

ぞうの折り紙 子供向け まとめ

子供向けの動物の折り紙はいろいろとありますが、ゾウさんといえば動物の中でも定番中の定番ですよね。

幼稚園や保育園に通っている小さいお子さん向けの折り紙にピッタリだと思います。

ご家庭ばかりでなく、実際に園内の折り紙レクリエーションなどで、取り上げてみてほしいテーマといえます。

大きい折り紙と小さい折り紙で象の親子を作ってもいいですし、みんなでたくさん折って、ゾウの群れを作ってもいいですよね。

お友達はもちろんのこと、休日にお父さんお母さん揃ってお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑