折り紙 キツネ 折り方-きつねの簡単な顔や体からパクパクの折り紙

fox1きつねの簡単な折り紙の折り方をまとめました。

今回ご紹介するのは、簡単な折り方を中心に平面仕上げから立たせることもできる折り方、口をパクパクさせる遊べるキツネの折り紙までご紹介したいと思います。

● きつね 折り紙 1枚で作る簡単な折り方
● きつね 折り紙 顔と体 簡単な折り方
● 折り紙 きつね パクパク 折り方
● きつねの顔 折り紙 立体&平面 折り方

スポンサードリンク

折り紙 きつね 1枚で作る簡単な折り方

1枚の折り紙でキツネの顔と体を表現する折り方で、平面仕上げにもなりますし、立体的に立たせることもできます。

1枚で顔と体を簡単に作り上げる折り方ですが、ペタッと平面にして飾り付けても良い味を出すキツネになりますし、立体としてもしっかりとしたキツネのフォルムが表現できていますね。

立体にして飾り付けるのであれば、左耳の方が少し浮いた感じになるので、気になるようであれば両面テープや糊などで貼り付けてくださいね。

キツネの表情を描きこんでもいいのですが、このフォルムのきつねは表情を描きこまず、そのまんま飾り付ける方が良い感じもします。

その辺はお好みなので、もちろんこの折り方で作ってキツネの目なども描きこんで可愛らしい表情をつけてもいいですよ。

簡単な折り方の中でも、平面にも立体にもなり、キツネらしい雰囲気を出したこの折り方はオススメですよ♪

折り紙 きつね 顔と体 簡単な折り方

2枚の折り紙でキツネの顔、体を別々に作って合体させる折り紙になります。

この折り方はとても簡単で出来上がるきつねもかなりシンプルになりますので、幼稚園や保育園といった小さな子供向けの折り紙作品にピッタリといえます。

簡単な折り方で平面仕上げになるので、色紙や模造紙に貼り付けて壁面飾りにしてみいいですね。

その時には、キツネの他にもたくさんの動物も加えて華やかな動物園のように仕上げてみても面白いと思いますよ。

スポンサードリンク

動画の通りに折っていただいて、きつねの顔に目を描きこんだり、鼻の部分を塗りつぶしたりして表情を加えれば、より完成度の増した折り紙工作になると思います。

折り紙 きつね パクパク折り方

口をぱくぱくと動かすことができるキツネの折り紙の折り方です。

きつねのパクパク折り紙なので、この折り紙も小さな子供向けの折り紙遊びになりますね。

動画の通り片面カラーの折り紙でも構いませんが、両面カラーの折り紙で作った方がいいと思います。

きつねの目を描いて、表情を追加してもいいですよね・・・目を描き込むのであれば、一度完成させてから描き込む位置をよく確認し、それから一度畳んでから、お好みの位置にお好みの表情を描きこんでみて下さいね。

幼稚園や保育園といった子供向けの折り紙として、楽しく作って遊んでくださいね!

きつねの顔 折り紙 立体&平面 折り方

きつねの顔の折り紙を平面仕上げの折り方と立体仕上げの簡単な折り方をご紹介します。

まずは立体のきつねの顔の折り紙です。

先ほどのパクパクとフォルムは似ていますが、より立体ぽくキツネらしい耳をした折り紙になります。

すごく簡単に立体的なキツネの顔の折り紙ができるわけですが、実際に作ってみると、完成した折り紙をどのように飾り付けるのか、けっこう迷います。

たしかに立体のキツネの顔になるのですが、なんか中途半端な印象が拭えないような・・・

まあ、お好みで作ってみてください。続きましては、簡単な平面仕上げのキツネの顔の折り方です。

これは本当に簡単ですね。2枚の折り紙で顔と体を作って合体させる折り紙作品をご紹介しましたが、またそれとは違った仕上がりになります。

これも小さなお子さんにも作れる簡単なキツネです。

折り紙 きつね 簡単な折り方 まとめ

きつねの簡単な折り紙の折り方をご紹介しました。

今回ご紹介したのは全部簡単な折り紙なので、ご自宅はもちろん、幼稚園や保育園などでの手作り工作の題材にもできると思います。

可愛らしいキツネの折り紙をたくさん作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑