折り紙 トナカイ 折り方 切り絵 簡単な平面クリスマス飾り作り方

tonakai1クリスマス飾りとなるトナカイの簡単な折り紙をまとめました。

今回は、平面仕上げの簡単なトナカイの折り紙、そして簡単な切り絵になりますので、小学生や幼稚園や保育園などの小さな子ども達でも作りきれる折り紙になります。

● トナカイの顔 簡単な折り方(2種類)
● トナカイ 折り紙 平面&立体仕上げ
● トナカイ 折り紙 頭と体 合体型
● トナカイ 簡単な切り絵切り紙

スポンサードリンク

折り紙 トナカイの顔 折り方 クリスマス飾り作り方

まずはトナカイの顔(頭)の折り紙を2種類ご紹介します。
お好みの折り方で作ってくださいね。

このトナカイの顔の折り紙は、完成度も高くオススメなんですが、小さなお子さんだと角(ツノ)の折り込みが少しだけ難しいかもしれません。

この折り方はシンプルですし、バランスのとれたトナカイの折り紙なので、クリスマス飾りとして作るのに最適だと思います。

丸い黒目と赤い鼻を描くと、より一層可愛らしいトナカイが出来上がりますよ。

薄茶色の両面カラーの折り紙があれば一番いいのですが、片面カラーの折り紙で作って、白地の面になる角(もしくは顔)の方を、色鉛筆で色づけしてもいいですね。

もう一つ、もっと簡単シンプルに作れるトナカイの顔の折り紙もご紹介しておきます。

簡単なんですけど、少し面長な感じのトナカイになるんですよね(笑)

角(ツノ)にもっと変化を加えたりしてみたのですが、牛みたいになったりと、折り込み具合によっては、ちょっとトナカイに見えないかも?となってしまいます。

動画では、鼻を黒で塗っていますが、やはりクリスマスのイメージでいえば、赤色の鼻にしたいですよね。

お好きな方のトナカイを作ってみてください。

トナカイ 折り紙 簡単な平面&立体 作り方

平面仕上げにも立体的に立たせることもできるトナカイの折り紙です。(後ろ足は1本になりますが)

トナカイの最大の魅力である、立派な角(ツノ)の作りが、ちょっと弱いかな?というのが気になるところです。

改良ポイント

最後の角の切り込みで、動画の切り込み始めを、もっと下の方から入れて、角がより大きくなるように切り込みを入れると、大きな角になるので、よりトナカイっぽくなります。

さらにオススメの改良方法ですが、よりトナカイらしくするために、角の切り込みを2重で入れます。

2重で切込みを入れると、長さの違う角が出来るので、上に折り返したとき、完成度の高いトナカイの顔(角)になるんですよ。

短い角を真上に折り込み、長い角を後ろ斜めに折り込めば、かなり本格的な雰囲気のトナカイに仕上がりますよ♪

注意点としては、2重の角の切り込みを、あまりにも太くしてしまうと、その分だけ首が細くなってしまうので、適度にバランスのとれた切り込みを入れてくださいね。

スポンサードリンク

トナカイ 折り紙 頭と体を合わせる作り方

折り紙を1枚と半分を使って頭と体を作り、合体させる折り紙工作になります。

トナカイの頭、体ともに簡単に作れる折り紙で、動画のように色紙や壁飾りにするときに、こういった折り紙工作がいいかもしれません。

頭の部分に関しては、最初にご紹介した折り方で作ったトナカイの頭を付けても良いと思いますよ。

トナカイの頭だけの折り紙、一体型の折り紙、合体型の折り紙、お好みの折り方で作ってみてくださいね。

トナカイ 切り絵 切り紙

おまけのトナカイの折り紙工作もご紹介します。
薄茶色の折り紙を使って、この切り紙・切り絵の型紙を作って、製作してみてくださいね。

動画のような型紙を参考にして角のデザインなどをご自由のい描いていただければと思います。

動画のカット部分を参考にして、下図の型紙サンプルも参考にしてトナカイの切り紙・切り絵を作ってみてください。

tonakai-i6

折り紙もいいですが、こういう可愛らしいトナカイの切り絵もクリスマス飾りに加えてみて下さいね。

折り紙 トナカイの簡単な折り方 まとめ

トナカイの簡単な折り紙をご紹介しました。

クリスマスの折り紙飾りにピッタリな簡単な折り方で、子供向けの折り紙といえますね。

幼稚園や保育園の園児たちはもちろん、高齢者施設のお年寄りでも作りやすい折り紙なので、クリスマスの工作レクリエーションでの題材にもできますよ。

クリスマス飾りの1つとして作ってみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑