土砂崩れや土石流 いつ起きる?どんなときに避難を?土砂災害の前触れ

昨今の集中豪雨や多発する地震により、
土砂崩れや河川の決壊など、いつ大規模な災害が
あなたに降りかかってくるかわかりません。

土石流、崖崩れ、地すべり、洪水による氾濫など、
どんな前触れが起きるのでしょうか?

前兆現象があるので、それらが起きれば、
災害に巻き込まれる前に、事前に避難ができます。

スポンサードリンク

あなたや、あなたの大切な家族を守るため、
災害が起きる前触れを察知し、命を守ってください。

土石流のスピードは、40~50kmです。
崖崩れは、数秒で押し潰されてしまいます。
地すべりも、一瞬で起きてしまいます。

つまり、災害が起こるのはいつなのか?
降雨量により判断することももちろんですが、
災害が起こるきっかけ、起こる前兆を
察知することも命を守るための必須事項だと思います。

それでは、土石流、崖崩れ、地すべりが起こる
前兆現象をまとめてみましたので、しっかりと把握してください。

土石流-土砂災害はいつ起きる?前触れ・前兆現象

土石流は、ゲリラ豪雨といった集中豪雨による大量の雨水によって、
山腹や川底の石や土砂が、雨水と一緒になって津波のように襲ってきます。

土石流の先端部分は巨大な岩や石や、
大木や裂けた木々も混ざって一気に流れだします。

前兆現象

山鳴りがして、立ち木がメキメキと裂ける音が聞こえる
石が崩れる音、ぶつかり合う音が聞こえる
大量の雨が降り続いているにも関わらず、川の水位が下がる
(土砂により上流で水の流れがせき止められているため)
川の水が急に濁ったり、流木が混ざったりしている

崖崩れはいつ起きる?前触れ・前兆現象

崖崩れは岩でできた斜面が
地震や大型台風などの影響で突然崩れ落ちる災害です。

前触れを捉えにくいという面があり、突然起きる現象で、
なおかつスピードが速いという怖ろしい災害です。

前兆現象

崖に亀裂が入る
崖から水があふれて濁っている
崖から石がパラパラと落ちてくる
崖から木の根が軋む音や裂ける・切れる音が聞こえる
近くを流れる川に流木が混ざったりしている

スポンサードリンク

地すべりはいつ起きる?前触れ・前兆現象

地すべりは粘土のようなすべりやすい層で起きやすい災害です。
地下水が、その層に染み込み、そこから上の層が滑り落ちます。

前兆現象

水面や井戸の水が濁る
地面にヒビ割れができる
斜面から水が噴き出す
家や外壁に亀裂が入る
家や外壁、樹木や電柱が傾く

洪水・浸水-都市型の水害の恐怖

都市型の水害にも注意が必要です。
都市部にお住まいであれば、
豪雨により、2つのタイプの洪水災害が起こります。

「外水氾濫」

 集中豪雨で川の堤防が決壊したり、川から水が溢れ出す

「内水氾濫」

 街中の排水機能の許容量を超え、地下水路などから水が溢れ出す

どちらの場合も浸水が始まってからの非難は
非常に危険を伴うため、早めの避難行動が必須です。

洪水が発生しやすい場所

河川が運んできた土砂が堆積した三角州地帯
河川の流域や河川敷
海岸に近い海抜ゼロメートル地域

雨飴の強さと時間雨量の目安

降雨量が、1時間に20ミリ以上から注意をして、
降り始めから100ミリ以上になったら要注意です。

20~30ミリ
強い雨でどしゃ降り
傘をさしても濡れる
大雨注意報が出されます

30~50ミリ
激しい雨
バケツをひっくり返したような雨
道路が雨水で川のようになる
大雨警報が出されます

50~80ミリ
非常に激しい雨
滝のようにゴーゴーと降る
傘は役に立たなくなる
水しぶきが激しく、視界が悪くなる

これ以上になると、テレビでの気象情報での判断が必要だったり、
地元のスピーカー放送での指示などが行われると思います。

災害の前触れ、前兆現象から命を守るために

早め早めの行動を心掛けてください。
早めの避難で、空振りに終わることもあるでしょうが、
もしもの時は、命が助かるわけです。

早めに避難することにより、
状況が悪化した状態から逃げ始めるより、
生存確率は格段に高くなります。

外のにおいがいつもと違っている、
土や生木のにおいがたち込めたり、
石や木の裂ける音を注意深く耳を傾けて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑