クリスマスツリー 折り紙 平面の折り方 簡単クリスマス飾り作り方

christmas26平面仕上げになるクリスマスツリーの折り紙の折り方をまとめました。

平面タイプの作り方は、とっても簡単なので幼稚園や保育園の小さな子ども向けといえる折り紙工作になります。

● クリスマスツリー折り紙 平面3段ツリー作り方
● クリスマスツリー 折り紙1枚で平面2段ツリー折り方
● クリスマスツリー 折り紙 簡単な平面の折り方

スポンサードリンク

クリスマスツリー 折り紙 平面3段ツリー作り方

大きさの違う3枚の折り紙を合体させて作る平面タイプのクリスマスツリーの折り紙です。

・15cm×15cm(1枚)
・10.5cm×10.5cm(1枚)
・7.5cm×7.5cm(1枚)

組み合わせたときの枝模様も雰囲気が良くて、とても可愛らしく仕上がる平面クリスマスツリーですね。

折り紙の色はクリスマスカラーの緑色と赤色で製作していますが、銀色の折り紙やホログラムカラーなどキラキラした折り紙で作ってみてもいいですね。

動画の通りの作り方で完成としてもいいのですが、茶色の折り紙を使って、ツリーの木の部分を追加しても良いですし、黄色の折り紙で星を作って、ツリーのてっぺんに付けると、よりクリスマスツリーらしく仕上がりますよ♪

次にご紹介するツリーの作り方で、細切れした折り紙を飾りつけとして使っている装飾方法も取り入れても良いと思います。

※さらに応用したクリスマスツリーの作り方

A4用紙にクリスマスのイラストを印刷して、オリジナルなクリスマスツリーを作り上げても良いと思います。
A4用紙の一辺の長さ(20.5cm)で正方形に切り抜いて、それを底辺の枝として作り上げるのもいいですね。

・20.5cm×20.5cm(A4用紙の一辺)
・15cm×15cm(1枚)
・10cm×10cm(1枚)

>> 無料のクリスマスイラスト素材探しにオススメのサイト

そのへんは、自由に応用して作ってみてくださいね。

クリスマスツリー 折り紙1枚で平面2段ツリー折り方

折り紙1枚で作る平面仕上げのクリスマスツリーです。
1枚の折り紙ですが、モミの木の枝を2段にする折り方です。

スポンサードリンク

細切れにした折り紙の飾り付けは、金銀の折り紙でキラキラしたオーナメント飾りとして貼り付ければ、より素敵なクリスマスツリーになります。

さらに、このクリスマスツリーにもてっぺんやモミの木の枝に星飾りを付けてみてもいいですよね。

※注意点として

0:40~のモミの木の枝部分を作るところで、ピッチリと真ん中の線に合わせて折り返すと、その後の2段加工の折り込みやら何やらをしていると、完成した時に、ツリーの真ん中が僅かに隙間が空いてしまうことがあります。

ど真ん中に白いスジが通っているように見えるので、気になるようでしたら、0:40~の折り込みは、ピッチリとど真ん中に合わせて折るのではなく、少し重なるように折り込んでおけば、完成した時に、白いスジが目立ってしまうということはないと思います。

クリスマスツリー 折り紙 簡単な平面の折り方

もっとも簡単な平面仕上げのクリスマスツリーの折り紙になります。

先ほどご紹介した、1枚の折り紙で作る2段のクリスマスツリーをより簡素化した折り方になります。

これは本当に簡単なので、幼児向けのクリスマスツリーの折り紙になると思います。

鉢(木)となる白の部分を茶色に塗ってもいいですし、ここまでご紹介したクリスマス装飾をして、より華やかなクリスマスツリーに仕上げても良いと思います。

クリスマスツリーの折り紙は、他にも作り方や仕上がり方によって、それぞれ特集記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

>> クリスマスツリー 立体の簡単な折り紙
>> クリスマスツリー 立体の本格的な上級者向けの折り紙

折り紙 クリスマスツリーの簡単な平面の折り方 まとめ

折り紙で簡単な平面のクリスマスツリーの作り方をご紹介しました。

今回の平面仕上げのクリスマスツリーは、とっても簡単なので、小学校低学年~幼稚園や保育園の小さな子ども~幼児にも作れるものを取り上げてみました。

クリスマスシーズンが近づき、小さなお子さんがクリスマス飾りを手作り工作するときに、ぜひともこの簡単なクリスマスツリーを作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑