雪の結晶 折り紙 立体の折り方 子供でも簡単クリスマス飾り作り方

立体的に仕上がる雪の結晶の折り紙の折り方をまとめました。

ユニットパーツを作って合体させて立体の結晶に仕上げる作り方を基本にして、そこからさまざまな飾り付けに応用させる作り方をご紹介します。

● 雪の結晶 立体の折り紙の作り方
● 雪の結晶 リースの作り方
● 雪の結晶 大型&豪華な作り方
● 雪の結晶 ガーランドの作り方
● 雪の結晶 つるし飾り・モビール作り方

折り紙遊びや豪華な壁面飾りにしたり、クリスマス飾りの工作にしたり、色んなシチュエーションに応じて作ってみてくださいね♪

スポンサードリンク

雪の結晶 折り紙 立体の折り方 基本形作り方

まずは、簡単なユニットパーツを6個作って組み上げる立体の結晶の基本的な作り方をご紹介します。
この作り方を基本として、ケースに応じてさまざまな雪の結晶飾りを製作していきます。

折り紙の質や厚みによって、糊付けがうまくできないことがありますので、その場合はセロテープや両面テープで貼り付けてください。

製作した6つのユニットを合体させていくときの糊付けも、糊だけでは留めづらいのでホッチキスなどでしっかり固定した方が良いと思います。

動画ではユニットの根本だけ留めていますが、隣り合うユニットの真ん中あたりも留めると、しっかりと固定された雪の結晶飾りになりますよ。
この固定は、壁面飾りにするときなど特に必要になってきます。(両面テープやホッチキスでしっかり固定してくださいね)

雪の結晶ということで、水色(白裏地)の折り紙で作って頂いて構いませんが、赤と緑の両面カラーの折り紙で作れば、クリスマス飾りにピッタリになりますよ。

そういうクリスマスオーナメントとして作るのであれば、シルバーの折り紙、ゴールドの折り紙、ホログラムやホイルカラーの折り紙で作ると、より一層クリスマス飾り、冬の折り紙飾りとして引き立ちますよ。

その辺の飾り付けも考え、この作り方を基本として、本格的な結晶の手作り工作をご紹介していきます。

雪の結晶リースの作り方 豪華なリースとして作り上げる

最初にご紹介した作り方は、7.5cmの折り紙で作っていますが、15cmの折り紙で作ると、かなり大きな雪の結晶の折り紙飾りができます。

大きく作ると、以下のようになります。(ユニット同士、ヨコ部分も固定されています)

※15cmの折り紙で大きい結晶を作るならですが、よりしっかりした造りにするには、折り紙よりも少し厚みのある画用紙の方がおススメです。

このように、15cmくらいの折り紙やクラフト用紙で作った雪の結晶を土台にして、最初の動画でご紹介している7.5cmの折り紙で作った結晶を重ねるようにくっつけると、とっても華やかな雪の結晶リースが出来上がります。

そういった雪の結晶そのものを使ってリースと見立てて飾り付けてもいいですし、大きなリースの元に、この雪の結晶をリースの飾りの一部として付けても良いと思います。

大小さまざま、多彩な色彩で製作した雪の結晶を飾り付けると、とっても素敵なリースになりますよ!

snowflake3

この雪の結晶が映える使い方を色々と考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

雪の結晶 立体の折り紙 大型でより豪華な結晶飾り製作

最初にご紹介した作り方は、3本の切り込みを入れていましたが、それを5本にします。

5本の切り込みを入れるわけですから、使用する折り紙(画用紙)は大き目のものを用意してくださいね。

さらに豪華にするために、用紙に金の装飾も入れていますね。

折り紙より厚みのある画用紙を使い、粘着力の強い両面テープで固定しています。

※この作り方を15cmの折り紙で作ると、かなりワチャワチャしてしまい、壁などへの飾り付けが難しくなるのでご注意くださいね。

大型の雪の結晶の飾り付けを作りたいとき、クリスマスの壁飾りの1つとして作るときに、こういった応用の製作方法を取り入れてみて下さいね!

この動画のように金の装飾を入れてもいいですし、用紙自体に結晶そのものの柄やクリスマスの柄を印刷してから製作しても良いと思います。

英文の古新聞を材料にして作っても、雰囲気のある雪の結晶飾りにすることができますよ。

その辺の装飾も色々試してみて下さいね。

snowflake2

雪の結晶 ガーランド 冬のクリスマス壁飾り製作に

ご紹介した作り方で製作した立体の雪の結晶飾りをヒモに通せば、ガーランドとして壁面飾りにすることができます。

立体仕上げの雪の結晶で、それだけでもかなり映えるのでガーランドにして飾り付けるのにも適しています。

ガーランドにするとしたら、それなりの数の結晶を製作する必要があります。

作り方は簡単とはいえ、1つの結晶を作るのに6つのユニットを作って組み上げる必要があります。

なので、ガーランドとして複数の雪の結晶を作るとしたら、子ども達でクリスマス会の飾り付けを作るとか、幼稚園や保育園、高齢者施設のクリスマスの壁面飾りなどで手作り工作するといったときが丁度いいのではないでしょうか。

みんなで多彩な色、大きさの雪の結晶を作り上げて、素敵なガーランドに仕上げてみてくださいね。

snowflake5
※ヒモを横から通すと、壁面にピッタリと付けて飾り付けることができますよ※

雪の結晶 吊るし飾り・モビール クリスマス飾り工作

ガーランドやリースとくれば、つるし飾りやモビールのクリスマス飾りとしても使うことができますね。

吊るし飾りは、単純に天井から紐で吊るせばいいだけです。

大型のカラフルな雪の結晶を1つ、ドーンと吊るしてもいいですし、小型・中型の結晶、または星型の折り紙飾りなども加えたつるし飾りにしてもいいですよね。

モビールは、バランスが難しいかもしれませんが、飾り付けの1つとして考えてみていいと思います。

アイデア次第で、飾り方はたくさんありますね。

雪の結晶 折り紙 立体の作り方 まとめ

雪の結晶の立体の折り紙飾り製作についてご紹介しました。

一つの基本的な作り方から、必要に応じた大きさ、装飾を考えた雪の結晶飾りを作ってみてくださいね。

幼稚園や保育園の園児くらいの小さな子どもでも作れますし、クリスマス飾りとして大人でも小学生の子どもでも、一緒になって簡単に作れる飾りですよ。

お家の壁飾り、施設の壁面装飾、工作レクリエーションで取り上げることができる折り紙・クラフト工作です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑