幼稚園&保育園 ハロウィン製作 壁面やハロウィン飾り手作り工作

halloween61幼稚園や保育園でのハロウィン飾りの手作り製作についてまとめました。

子ども施設各所、または園児のいるご自宅でも、お子さんと一緒に簡単にできるハロウィン飾りの手作り工作です。

● ハロウィン折り紙飾り
● ハロウィン壁面飾り製作
● ハロウィン手作りクラフト工作
● ハロウィンの塗り絵

色んなハロウィン飾りを楽しんで作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

幼稚園・保育園 ハロウィン折り紙飾り工作

幼稚園や保育園の園児たちがハロウィン飾りを製作するのであれば、まずは折り紙での工作が基本になると思います。

ハロウィンの折り紙飾りに関しては、特集記事にまとめているので参考にしてみてください。

>> ハロウィン折り紙飾り まとめ

※注意して頂きたいのが、ご紹介しているハロウィン飾りにまるわる折り紙のなかには、立体の難しい上級向けの折り方もありますので、小さなお子さんにはムリだと思います。簡単な平面タイプの折り紙飾りを参考にしてください。

幼稚園 保育園 ハロウィン壁面飾り製作

幼稚園や保育園といった園内の壁面飾り、子ども施設内の壁面装飾をするときに参考にしてください。

壁飾りの製作方法はいろんなタイプに分かれますので、子どもたちが楽しんで作れる壁面製作、職員の方たちでサッと手作りする壁面装飾、目的に応じた作り方を選んでください。

・無料イラスト画像サイトから型紙ダウンロードして壁面製作
・折り紙飾りを使っての壁面飾り製作
・ハロウィンガーランドの作り方
・ハロウィンリースの作り方

>> ハロウィン壁面飾り製作 まとめ

ハロウィンリースの作り方は本格的なので、折り紙で作るハロウィンリースがいいと思います。

幼稚園・保育園 ハロウィン 手作りクラフト工作

トイレットペーパーの芯や紙コップを使った、子どもでも簡単に製作できるハロウィン飾りの手作り工作になります。

紙コップは用意しやすいですが、トイレットペーパーの芯というと、それほど大量に手に入るわけではありませんから、ご家庭でハロウィン飾りを遊びで手作り工作するのに向いています。

スポンサードリンク

ハロウィンお菓子入れバッグの作り方

紙コップを使ってのかぼちゃオバケのお菓子入れです。
かぼちゃおばけのバケツとしてハロウィンオーナメントとして飾り付けてもいいですね。

黒猫やコウモリ トイレットペーパーの芯で手作り工作

トイレットペーパーの芯を使ってのクラフト工作になります。
黒猫やコウモリ、ゆうれい(ゴースト)など、色んなハロウィンキャラクターを作ることができます。

目も絵具で塗っていますが、色画用紙を使って表情を作ってもいいですよね。
あくまでも参考動画なので、どのように仕上げていくかは、お好みでどうぞ。

ゆうれい(ゴースト) トイレットペーパーの芯で手作り工作

先ほどの作り方よりも、少し凝ったクラフト工作になり、つるし飾りにもなるオバケのハロウィン工作です。

ヒラヒラの部分は、キッチンペーパーなど動きに柔らかさがある紙の方が雰囲気が出ていいと思います。

いろいろなハロウィン工作を楽しんでみて下さいね。

幼稚園・保育園 ハロウィン 塗り絵

無料イラストを型紙として利用した壁面飾り工作のほかに、素材を利用した塗り絵などもハロウィンの工作レクリエーションに取り入れてもいいと思います。

ハロウィンのかぼちゃお化け(ジャック・オー・ランタン)など、無料イラスト素材から塗り絵を下絵づくりをしてもいいですし、塗り絵素材としてのイラストもありますので、参考にしてみてくださいね。

>> 無料イラスト素材サイト特集 無料ダウンロードできるイラスト画像集

※複数の無料イラストサイトをご紹介していますが、塗り絵のテンプレート素材としては、『ILLUST BOX(イラストボックス)』に多くの素材がありますよ。

幼稚園 保育園 ハロウィン手作り工作 まとめ

幼稚園や保育園といった園でも10月には季節行事としてハロウィンの仮装や色んな工作をすると思います。

幼稚園や保育園などの子ども施設、小さなお子さんがいるご家庭でハロウィン飾りをするときに参考にしてみてください。

お子さんに合わせた簡単なハロウィン飾りの手作り工作を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑