災害時に備えて防災備蓄品を揃える 準備すべき必要な災害・防災グッズは?

地震、台風、ゲリラ豪雨による土砂崩れ、河川の決壊など
今の日本では、災害が多発しています。

災害がいつ起きても、必要最低限の準備はしておきたいものです。
事前に準備していおくべき必要品をまとめてみました。

スポンサードリンク

災害 準備品(備蓄品)持ち出し品リスト

保存食・非常食

飲料水、乾パン、缶詰、栄養補助食品、
インスタント食品(カップラーメン、味噌汁系の飲み物)
飴、チョコレート、キャラメル

衣類品

下着、くつ下、長袖長ズボン、防寒ジャケット、
雨具(合羽の方がよい-両手が使えるため)

避難グッズ

懐中電灯(ヘッドライトの方がよい-両手が使えるため)、
ローソク、ライター、マッチ、
ラジオ(手巻き式が良い)、予備の電池、
ヘルメットや防災ずきん、厚手の軍手(すべり止め付きが良い)

生活用品

毛布、タオル、ハンカチ、缶切り、ナイフ、
携帯・簡易トイレ、カイロ、ビ二ールテープやガムテープ
女性の方であれば、生理用品
赤ちゃんがいる場合、おむつ
お年寄りがいる場合、看護用品

救急セット

絆創膏、包帯、消毒液、胃腸薬、
腹痛の薬、便秘薬、その他の常備薬

貴重品

通帳・印鑑、保険証、免許証、
現金(公衆電話代-10円玉を・100円玉数枚)

以上が、標準的な災害時の備蓄品になります。
前もって、防災リュックの中に準備しておきましょう。

※貴重品の中の、通帳・印鑑は避難するときに持ち出す、
というカタチで良いと思います。

防災リュックの保管場所は、家族全員が認識しておくようにしてください。
保管場所も、倉庫の奥深くにするのではなく、
倉庫の手前や、押入れの中でも取り出しやすい場所に保管しましょう。

災害時に意外と役立つ、便利な防災グッズ

ご紹介した、災害時の防災備蓄品は基本的なものです。
これに、さらに追加したら役立つ日常品をご紹介します。

スポンサードリンク
  • 新聞紙
  • 新聞紙は、災害時には意外と用途が多く役に立ちます。
    まず、新聞紙は保温効果が抜群にあるので、
    寒いときには服の下に潜らせれば、かなりの保温効果が見込まれます。

    また、避難所でブルーシートや毛布が足りない時があると思います。
    援助が遅れたり、数量の不足といったこともありえます。
    そんな時は、新聞紙を床に敷けば、全然違います。

    ご家族の中に、小さいお子さんやお年寄りが
    いらっしゃるのであれば、新聞紙は準備しておいた方が良いと思います。

    また、新聞紙は、丸めれば、それなりの強度になりますので、
    骨折時の添え木の代わりになります。
    ビニールテープなどの災害備蓄品と一緒に準備しておけば、
    イザというときに大変役に立ちます。

  • ポリ袋
  • 食事をするときに、新聞紙を箱状にして、
    それにかぶせて食器代わりにつかったり、
    汚れたバケツしかない時などは、
    ポリ袋をかぶせて、キレイな水を運べるようにしたり、
    色々な汚れ物も出るでしょうから、ごみ袋役としても活用できます。

    また、ケガをして出血した際の応急処置の時に、
    直接患部に触れないよう、保護用手袋のように使ったりと、
    とにかく用途はさまざまです。

あなたのご家庭に必要な災害備蓄品を

防災時に備えての準備品をご紹介してきましたが、
どのようなグッズをそろえるのか、ご家庭によって変わってくると思います。

具体的にどんなものを、どう使うのか、ということを良く考え、
あなたのご家庭に必要な防災グッズを揃えてみて下さい。

準備品として、より準備万端を目指すのであれば、
新聞紙やポリ袋もチェック項目の1つに加えてみて下さいね。

災害が起きたときや、避難勧告が出たときは、
災害非常持ち出し品をすぐに取り出せるよう、
災害リュックにまとめておいてください。

非常持ち出し物は、両手が自由に使えるように
リュックにまとめておいてください。

倉庫や押入れの奥に置きがちになると思いますが、
災害時は、スピードが命ですので、普段は邪魔かもしれませんが、
取り出しやすい場所に備えておいてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑