折り紙 コスモス 折り方 簡単コスモスの作り方&立体の難しい秋桜

コスモスの折り紙の折り方のまとめです。

コスモスは秋を代表する花の1つです。

桜に似ていることから、
秋桜(あきざくら)とも
呼ばれています。

簡単なコスモスの折り方、
難しい立体の折り方をご紹介します。

スポンサードリンク

折り紙 コスモス 簡単な作り方

まずは簡単なコスモスの
折り紙をご紹介します。

平面仕上げで子どもでも
作れる簡単な折り方を
2種類ご紹介しますので
お好みの作り方を選んでみてください。

折り紙 コスモス 簡単な作り方1

折り方は簡単ですが、
少しだけ手間がかかるかな、
という折り方になります。

切り込みを入れる長さを
キッチリと揃えないと
きれいなコスモスの形になりません。

切り込みを入れる前の
工程で折り込んだ
花びら模様に合わせる
ように切り込みを入れてください。

※これは、一度作り上げて
みるとわかると思います。

片面カラーの折り紙で作ると
中心の筒状花の部分が
真っ白になってしまいます。

コスモスは、花びらの色と
中心の黄色い筒状花が特徴的です。

両面カラーで、片面が黄色、
もう一面が、赤色、ピンク、
黄色、オレンジ、白色の
折り紙で作ってもらいたいです。

折り紙 コスモス 簡単な切り貼り工作

折り紙4枚ユニットを
貼り合わせて完成させる
コスモスの作り方です。

動画では7.5cmの
折り紙4枚で製作しています。

つまり通常の15cmの
折り紙1枚を4分割にすれば、
1枚の折り紙で作ることができます。

折り方も簡単で、
4つのユニットを
糊付けするだけです。

簡単な折り紙工作といった
作品になりますね。

幼稚園や保育園の小さな
子どもが楽しめる
手作り工作になると思います。

折り紙 コスモス 立体の折り方

立体っぽくなる
コスモスの折り紙で
手順も難しい折り方を
2種類ご紹介します。

折り紙 コスモス やや難しい折り方

コスモスの花の中心部分、
筒状花を立体的に表現した
折り方になります。

その中心部分の折り込みが
とっても難しいんですよね。

スポンサードリンク

難しいというか、
調整に手間取るといった感じですね。

それに、折り紙の質感も
少なからず影響すると思われます。

動画で使用している
折り紙なんですが、
金銀の折り紙の質感に
近いカンジの折り紙で
作っていっています。

つまり、折り込みが
キッチリと付きやすい紙です。

紙質が厚めだと、
この中心部分の加工は
本当に難しくなっていきます。

折り紙 コスモス 立体の難しい上級向けの折り方

このコスモスの折り方は
手順も多く難しいですね。
上級向けの折り紙になります。

この折り方は折り紙に
慣れていない方だと
難しいと思います。

完成するのにかなり
時間がかかりました。

なんとか完成させたのですが、
かなりイビツな出来になってしまいました。

すごく苦労したんですけどね・・・

1つ目の立体の折り方で、
折り紙の紙質のお話をしましたが
この上級向けの折り方も
うまく仕上げるには、
使用する折り紙の紙質も
要素の1つになるかな、と感じました。

上手に折っていける方なら、
とても素敵なコスモスを作れますよ♪

折り紙 コスモスの茎や葉っぱ 折り方

コスモスの茎や葉っぱというのは、
とても細いのが特徴なんですよね。

cosmos-i4

緑色の折り紙で、
ほっそりとした茎、
そして葉っぱを
形づければいいと思います。

折り紙で折って作るというか、
細くカットするほうがいいですね。

コスモスの花の折り紙の他にも壁面飾りになるような
コスモスの花の作り方や立体的な花束にもなるコスモスのクラフト工作も特集しています。

もしよかったら、それらのコスモスの花の紙飾りも作ってみてくださいね。

>> コスモス 壁面飾り作り方&立体的な花束のクラフト製作

折り紙 コスモス 折り紙 まとめ

コスモスの折り紙の折り方をご紹介しました。

コスモスの花の色は、
赤色、ピンク、黄色、
オレンジ、白色の花からなります。

難しい折り方のほうは
量産は難しいですね。

たくさんのコスモスの花を
作って華やかな壁面飾り
などにするのなら簡単な
折り方で作っていくほうがいいですね。

目的に応じた折り方で
すてきなコスモスを
作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑