折り紙 お月見 折り方 十五夜・中秋の名月の折り紙飾りの作り方

お月見にまつわる折り紙の
折り方をまとめてみました。

『中秋の名月』
『十五夜』『芋名月』

と呼ばれるお月見行事に
ピッタリのお月見飾りを
作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

折り紙 お月見(十五夜・中秋の名月)うさぎの折り方

お月見鑑賞といえば、
お月見団子にススキがメインです。

しかし、日本では
お月様(満月)のなかで
餅つきをしている
うさぎさんも
お月見団子と並んで、
欠かせない存在です。

うさぎの折り紙は
たくさんの種類があります。

まず基本的なウサギの
折り紙の折り方として・・・

>> 簡単な平面&立体うさぎの折り方
>> 立体のリアルなウサギの折り方

どういうお月見飾りを
作るかによって、
うさぎの折り方を選んでください。

さらには、風船うさぎや
うさぎのお菓子入れなど
少し変わったウサギの
折り紙飾りもおすすめです。

>> うさぎの折り紙飾り各種

風船ウサギは、
とってもかわいらしくて
おススメですよ♪

お月見の季節に
うさぎの箸置きなども
一緒に作ってみてくださいね。

折り紙 お月見団子・台 作り方

お月見団子と団子を
乗せる台も一緒に作ります。

お団子用に
薄い肌色の折り紙
15cm×15cm 1枚
16分割した1辺

お月見の台に
茶色の折り紙
15cm×15cm 1枚

はさみとのり

お月見といえば
お月見団子ですよね。

平面仕上げのお月見団子になります。

平面仕上げですし、
お月見団子も台も
作るのは簡単だと思います。

折り紙 三方~お月見団子の台 作り方

お月見団子の
平面仕上げの作り方で
お団子を乗せる台を
作りましたが、
本格的な三方
(さんぼう、さんぽう)
を作ってみてもいいですね。

折り紙飾りですので、
実際のお月見団子を
乗せるわけにはいきません。

ただ、お月見のときの
飾りとして和紙などで
作ると雰囲気のある
素敵な飾りが出来上がります。

>> 三方の折り紙の折り方 脚付き&箱タイプ

これらは立体的な箱に
なりますので、この上に
台紙となる紙を敷いて
フェルトなどで作った
お月見団子を乗せると
とってもかわいいお月見飾りになります。

フェルトを使っての
お月見団子の作り方も
ご紹介しておきます。

スポンサードリンク

三方の折り紙は
お菓子入れとして
使うこともできますが・・・

お菓子入れの箱を作るなら、
うさぎ関連の折り紙で
ご紹介したウサギの入れ物の
折り紙もおススメですよ♪

折り紙 すすき 折り方 お月見飾り

お団子とくればススキですね。

ススキはお団子とともに
お供えする大切なものです。

簡単な平面タイプの作り方です。

動画通りに進めていけば
簡単に作れると思います。

秋が近づき夕日に染まった
草原に黄金色に輝くススキは
とてもきれいですよね。

秋の七草の一つでもあり、
お月見飾りには欠かせない
のでぜひとも作ってみてくださいね。

折り紙 鈴虫 折り方 立体の作り方

9月のお月見の季節には
鈴虫の鳴く音がよく合いますよね。

心が癒されます♪

鈴虫の鳴き声というのは、
左右の前翅を擦り合わせて
音を出しているんですね。

まさに音を出しているときの鈴虫の折り紙になります。

鈴虫の色は黒色で
羽を広げたときは、
羽は透明っぽく、
胴体部分の色は
黄色っぽかったり
白っぽかったりします。

片面カラーの黒の
折り紙で作るのがいいと思います。

お月見の季節に
お月様に合う生き物といえば、
鈴虫やコオロギの他には
トンボとかですかね・・・

すすきに寄り添う
トンボは微笑ましく感じます。

お好みでトンボも
お月見飾りに添えてみてくださいね。

>> トンボの折り紙の折り方

折り紙 お月見飾り 作り方 まとめ

お月見飾りを折り紙で作る
題材をご紹介しました。

『中秋の名月』
『十五夜』『芋名月』
といわれるお月様を
鑑賞するお月見行事で
ちょっとしたお月見飾り
として作ってみてはどうでしょう?

お月見鑑賞というと
お団子、ススキやサトイモ、
そして日本では満月といえば、
うさぎが餅をついている姿が
イメージされていますよね。

うさぎはよく連想されるので
うさぎの折り紙は多めに取り上げました。

かわいいお月見飾りとして
作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑