財運線-手相を書いて金運アップ?財運線(金運線)の見方を知ってお金持ちに?

手相を書く!手相をペンで書き足す手相占いで運命を変えるのか?

という記事をもとに、財運線をより良い状態に描けるよう
財運線(金運線)についてご紹介します。

財運線(金運線)とは、小指の付け根に向かって伸びている縦線のことです。

その名の通り、お金を呼び寄せることを示唆していて、
あなたの金運、そして商才を表していると言われています。

これは気になる手相ですよね。
金運を上げるための重要な手相の一つになります。

スポンサードリンク

あなたの理想としている金運状態や、
手相についても悩みがあると思います。

● 金運アップしたい
● お金が欲しい
● お金に困っている
● 金銭トラブルをかかえている
● 商売をうまく成功させたい
● 財運線がない
● 財運線が薄い
● 財運線が何本もある
● 財運線が途切れている
● 財運線を横切る線がある

などなど、人によって悩みはさまざまです。

財運線について、まとめてみましたので
ご覧になって頂いて、素晴らしい財運線を書き込んでみてください。

金運を上げる財運線は、どんな線が良い?

① 太くて真っ直ぐな勢いのある一本線の財運線

手相  財運線・金運線

図のように、クッキリ・ハッキリと、
財運線が刻まれているのが望ましいです。

太くてまっすぐな一本線の状態であれば、
より良いと言われ、勢いよく伸びている財運線であることが、
お金を呼び込むには最高の状態です。

お金の回りがよくなり、商売をすれば繁盛する可能性が高くなるとも言われ、
不動産投資をしている人にも、しっかりとした財運線が出ているようです。

お金を稼ぎたい、もっとお金を増やしたい、
と真剣に取り組めば取り組むほど、結果的に
くっきりと太い財運線になっていく傾向があります。

② 細かい線が何本も出ている財運線

手相  財運線・金運線2

細い線が何本もある場合、お金の出入りが激しく
最終的に、お金が手元に残りにくいことを示唆しています。

スポンサードリンク

他には、

財運線がない、もしくは薄っすらと見える、さえぎる横線が入っている
という状態であれば、お金に縁がない、
もしくは、お金に困っているという示唆で、
金運は下がり、商売もあまり上手くいかなくなっていくこともあります。

他には、財運線が蛇行している状態であれば、
今現在、お金に関して問題を抱えていることを示唆しているとも言われます。

財運線が、途切れている、切れている、という状態は、
お金に関してルーズな面があると言え、
お金の出入りが激しく、貯金しようと思っても、
なかなか貯まらないといったことを表します。

財運線がそんな状態であれば、
太くまっすぐな一本線にして、
お金の悩みから解放されましょう。

財運線が、知能線・生命線から伸びている場合

手相 財運線・金運線3

③ 知能線から伸びている財運線

こういう手相であれば、あなたの知的才能から
金運を呼び込む力があると言われるものです。

④ 生命線から伸びている財運線

こういう手相であれば、あなたの生命力の強さ、
つまりあなたの努力の継続により、
金運を呼び込む力があると言われています。

このように、金運に関しては財運線だけではなく、
知能線や財運線、そして太陽線といった、
他の手相との兼ね合いも重要な条件になってきます。

財運線の書き方 財運線を書いて金運アップさせよう!

それでは、あなたの理想とする財運線を、
ペン(金色・銀色推奨)でしっかり書き込んでみましょう。

後天運を示していると言われている、
右手に、しっかりとした財運線に書き込んでください。

お金回りを良くしたい
お金持ちになりたい
商売大繁盛になりたい
お金の問題から解放されたい

財運線を書き込むときに、
あなたの想い描く理想をしっかりとイメージして、
鮮明に脳裏に描きながら、財運線を書いてみて下さい。

手相を書くだけで、お金にまつわる問題が
全て解決するとは思いませんが
あなたの人生を変える、1つのきっかけになれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑