浴衣 髪型 ミディアムボブ~簡単 編み込み 三つ編み&アップやり方

浴衣や着物に似合う
ミディアムヘア、
ミディアムボブの
髪型アレンジのやり方です。

編み込み/三つ編みを
入れたアップアレンジなど
簡単に作れる可愛い
ミディアムアレンジ特集です。

スポンサードリンク

浴衣 髪型 ミディアム 編み込みアップアレンジ

ミディアムヘアの方の
編み込みを使っての
アップアレンジ動画です。

ミディアムヘアの場合の
編み込みのやり方というか、
注意点なども参考にして
仕上げていってください。

ピン留めで崩れないよう
しっかり固定してくださいね。

前髪のアレンジは、
垂らしてもいいと思いますが、
浴衣姿ですので動画のような
前髪アレンジがいいかもしれませんね。

この辺は、お好みでいいと思います。

バレッタを使っていますが、
浴衣や着物などの和服に
似合うような髪飾りで
ばっちり決めてくださいね。

浴衣 髪型 ミディアムボブ アップ&ダウンスタイル

1つの動画で2種類の
髪型アレンジを紹介しています。

・片編み込みを使ってアップアレンジ
・顔周りを編みこんでの巻き髪ダウンスタイルアレンジ

>> 浴衣 ヘアアレンジ ミディアムボブ

花火大会や夏祭りの
浴衣姿にぴったりの
ミディアムボブアレンジですね。

動画の真っ赤な花の髪飾り
のように浴衣に似合う
髪飾りをつけるのもポイントですね。

10代~20代の女性や
小学生や幼稚園の
小さな子供の浴衣姿に
アレンジしてあげたい髪型です。

30代・40代の女性でも
逆により落ち着きある
大人の雰囲気が出ますので、
このミディアムアレンジで
素敵な浴衣美人になってくださいね。

浴衣 髪型 ミディアムボブ 簡単アップアレンジ

髪を伸ばしている
伸ばしかけの髪型、
肩上くらいの中途半端な
長さのミディアムヘアの
ための簡単アレンジです。

髪を伸ばしかけの場合、
なんとか編み込めても
全体的にうまく仕上げるのが
難しい場合もありますよね。

ねじるだけで調整していく
ミディアムヘア用の
浴衣や着物に似合う
アップアレンジです。

自分では編み込みが
苦手でうまく出来ない、
という方でも簡単に
できると思いますよ♪

スポンサードリンク

浴衣にはアップアレンジが
よく似合いますからね。

浴衣にマッチする
髪飾りもつけてみてくださいね。

浴衣 髪型ミディアム 三つ編アップアレンジ

肩上ミディアムヘアの
方のための三つ編みを
作っての簡単アップ
アレンジのやり方動画です。

細い三つ編みを4つ作り、
まとめてシュシュで
飾り付けるだけの簡単な
アップアレンジです。

三つ編みを主張するのではなく
細めのちょっとした
ワンポイントに抑える
アレンジによって、
自然な落ち着きのある
雰囲気を演出しています。

浴衣にもよく合いますよ。

シュシュも淡い色など
浴衣や着物の柄に
合わせてみてくださいね。

浴衣 ミディアム ボブ 髪飾り

ミディアムヘアは
髪を伸ばしかけという方も
いらっしゃると思います。

凝った編み込みや
躍動感のあるポニーテール
などができないですよね。

パッとアップにして、
素敵な髪飾りで華やかさを
演出するのも一つの手です。

夏祭りや花火大会といった
イベントなどで着る浴衣なら
目を惹く可愛らしい髪飾りが
おススメです。

>> 浴衣用の髪飾りはこちら

浴衣・着物に合わせた
和風のモノでもいいですし、
ハイビスカスといった夏の
花の髪飾りでもいいですね。

浴衣 髪型 ミディアムアレンジ まとめ

浴衣や着物といった
和服にマッチした
ミディアムアレンジを
自分でできるように
簡単な作り方・やり方動画を
ご紹介しました。

ミディアムヘア、ボブヘア
の女性は多いと思います。

ミディアムヘアといっても
肩上の長さであったり、
肩にかかる位であったり、
その時でさまざまですよね。

中途半端な髪の長さでも
うまくアレンジしきれる
やり方を選んでみてくださいね。

30代・40代・50代の女性、
そして10代~20代の女性、
小学生や幼稚園くらいの
小さな子供でも浴衣を着る
機会がだんだん少なくなって
きているのではないでしょうか?

夏祭りや花火大会には
ぜひとも浴衣を着て、
素敵なミディアムアレンジで
思い出づくりをしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑