折り紙 夏野菜 折り方-簡単な作り方 7月~8月の旬な野菜を工作

夏に旬を迎える野菜の
折り紙をまとめてみました。

7月~8月の夏の季節飾りの
一つとして作ってみてください。

シンプルで簡単ですが、
2枚で作ったり切り貼り
するのでちょっとした
手作り工作になる感じですね。

スポンサードリンク

夏野菜の折り紙 7月~8月に旬な野菜

夏の代表的な野菜として
以下の野菜の折り紙を取り上げました。

・西瓜(スイカ)
・玉蜀黍(とうもろこし)
・ピーマン(パプリカ/唐辛子)
・トマト
・茄子(なす)
・胡瓜(きゅうり)

折り紙 スイカ 折り方 作り方

西瓜(スイカ)は夏の暑い
季節の代表的な食べ物の一つですよね。

スイカは野菜というよりも
スイーツ感覚のように
食べる方もいるのではいでしょうか。

スイカの折り紙に関しては
特集記事にしてまとめています。

>> スイカの折り紙のまとめ

特集しているとはいえ、
とっても簡単に作れますよ。

折り紙 とうもろこし 折り方 作り方

黄色と緑色の折り紙2枚を
貼り合わせて作ります。

とうもろこしは、
焼きとうもろこしに
してもおいしいですし
茹でると甘みが増して
とってもおいしいですよね。

ポイントとなる
とうもろこしの実を
線で描くわけですが、
薄い線で細かくリアルに
描いてもいいですし、
濃い線なら大雑把に
描いたほうがいいかなと思います。

折り紙 ピーマン(パプリカ・唐辛子) 折り方 作り方

これも簡単に作れますね。

けっこう折り込みますので、
下を折り込むのが少し固いですね。

両サイドを折り込む幅によって
かなり違ってきますね。

両サイドを細身に折り込むと
唐辛子のようなフォルムになります。

赤色や黄色の折り紙で
パプリカとして作ることもできますね。

カラフルなパプリカは、
見ていて綺麗なのでおススメです。

青唐辛子やパプリカも
夏野菜なので一緒に
作ってみてくださいね。

折り紙 トマト 折り方 作り方

トマトの実の部分とヘタの部分を
丁寧に再現した折り紙になります。

赤と緑の2枚の折り紙が必要です。

スポンサードリンク

または動画での説明どおり、
緑と赤の両面カラーの
折り紙があれば最適です。

緑の折り紙は4分の1の
高さでカットしてください。

赤色の片面カラーの折り紙
で作ってヘタを緑色の
ペンや色えんぴつで
塗りつぶしてもいいと思います。

折り紙 なす 折り方 作り方

こちらも茄子の実とヘタを
忠実に再現した折り紙です。

トマトのときと同じく、
紫と黒の2枚の折り紙を使い、
ヘタの部分を黒の折り紙で
加工して作り上げます。

黒の紫の両面カラーの
折り紙があれば尚良しです。

片面カラーの折り紙(紫)で、
ヘタの部分は黒いペンなどで
塗りつぶして仕上げてもいいですね。

折り紙 きゅうり 折り方 作り方

通常の折り紙を半分にカットして作ります。

キュウリはとくに簡単ですね。

上部分をまるくして、
先を細長く仕上げるのがポイントです。

なんとなく小さめ(短め)の
きゅうりになっていましますが、
半分にカットしたもう一方も
折って合わせて、適度な長さに
なるように作ってもいいかもしれませんね。

しかし、キュウリは
特徴が可愛らしくない(?)
というか、作っても完成度が
あまり高くないな~というのが
正直な感想です(笑)

折り紙 夏野菜 折り方-まとめ

夏野菜の折り紙の折り方をご紹介しました。

野菜はシンプルな形が多く
作るのも簡単なので、
折り紙遊びや折り紙飾りに
作るるのもいいと思います。

今回ご紹介した、スイカ、
トマト、トウモロコシ、ナス、
ピーマン、キュウリの他にも
夏に旬を迎える野菜はたくさんあります。

明日葉-あしたば
隠元豆-いんげんまめ
枝豆-えだまめ
青唐辛子-あおとうがらし
獅子唐辛子-ししとう
紫蘇-しそ
新生姜-しんしょうが
冬瓜-とうがん
苦瓜-にがうり(ゴーヤ)
大蒜-にんにく
茗荷-みょうが
モロヘイヤ
オクラ
ニラ
南瓜-カボチャ
ズッキーニ

などなどです。

全部作るのは大変ですけど、
夏を代表する野菜は、
今回ご紹介したものが
取り上げられるのではないでしょうか。

シチュエーションによって
お好みの題材をお選びください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑