折り紙 スイカ 折り方-簡単な作り方 半月&三角のすいかの折り紙

スイカの折り紙の折り方をご紹介します。

スイカは夏の季節の代表的な野菜ですよね。

スイカはその形状からして、
折り紙で作るのは簡単なので、
夏の季節飾りの工作として、
おススメなテーマの1つになります。

スポンサードリンク

折り紙 スイカ 折り方-簡単な作り方

半月タイプのスイカと
三角タイプのスイカの
折り方・作り方をご紹介します。

夏の季節飾りや七夕飾り
として作ってみてくださいね。

折り紙 スイカ 折り方-半月タイプの作り方

1枚の折り紙から作るスイカの折り紙

種を描きこむ黒色のペンと
皮の部分を表現するために
緑色のペンを用意してください。

種は動画にあるように
ランダムに描いてもいいですが、
ある程度揃えて描きこむと
キレイな印象のスイカに仕上がりますよ。

赤色と緑色の両面カラー、
黄色と緑色の両面カラーの
折り紙で作るのが望ましいですね。

両面カラーの折り紙が無く、
ペンの塗りこみではなく
赤色と緑色の完成度の高い
スイカを作りたいのであれば
次の作り方を参考にしてみてください。

2枚の折り紙から作るスイカの折り紙

この作り方だと、
ちゃんとした色彩の
立派なスイカの折り紙を
作ることができますね。

赤色のスイカはもちろん、
動画で作っているように
黄色のスイカも作ってみてくださいね。

仕上げ方によって、
平面仕上げにもなるし
立体仕上げにもなります。

もし余裕があれば、
少々大変かもしれませんが、
黒の折り紙でタネの形を
切り抜いて貼り付けてみてください。

この作り方のほうが、
作り応えもあっていいと思います。

折り紙 スイカ 折り方-三角タイプの作り方

三角タイプの折り方は
三角形にカットしてから
折り込んでいきます。

こちらの折り方も
タネは黒色のペンで、
皮の部分は緑色のペンで
塗って仕上げてくださいね。

こちらの三角タイプは
平面仕上げの折り紙になります。

スポンサードリンク

ちょっとした折り紙遊びや
壁面飾りとして作るなら
この折り方はおススメです。

折り紙 スイカの箸袋 作り方

おまけですが、スイカの箸袋をご紹介します。

7月・8月に実際に使う箸袋として作ってみてください。

普通のスイカの折り紙と違い
箸袋になると突然手順が多くなりますね。

動画のように赤と緑の
両面カラーの折り紙でないと
リアルなスイカの箸袋になりません。

実際に作ってみたのですが、
赤と緑のコントラストでないと
スイカと分かづらいのでは??
と感じました。

赤の通常の折り紙で
(片面カラーの折り紙)
で作り上げたあとに、
皮の部分を緑色のペンで
塗ってもいいのですが、
箸を入れるものなので、
人によっては抵抗があると思います。

7~8月の夏の季節の箸袋、
または箸置きの折り紙は、
他にもいい仕上がりになる
題材があり、そちらの方も
しっかり取り上げているので
参考にしてみてください。

オマケにもう一つ、
スイカの箸袋の折り紙をご紹介します。

特にこちらの折り方は
両面カラーの折り紙でないと、
スイカの箸袋としての
完成度が大きく落ちて
しまうのではと感じます。

違ってくるというか、
私は薄茶色の折り紙で
作ってみたのですが、
栗にしか見えなかったので(笑

それに、通常の15cmの
折り紙で作ったのですが、
かなり大きめな箸袋だな・・・
というのが素直な印象です。

少しカットしてから
作っていった方がいいかもしれません。

こちらより1つ目の
スイカの箸袋の方がおススメです。

折り紙 スイカ 折り方-まとめ

スイカの折り紙の折り方をご紹介しました。

夏の季節飾りとして
壁面飾りとして作るなら
平面仕上げにしてみてください。

ご家庭で夏休みに
子供の折り紙遊びで
作ってみてもいいですし、
幼稚園や保育園での
壁面飾りにしてもいいですね。

そういった子供の施設や
老人ホームなど高齢者施設で
七夕飾りの一つとして
笹の葉に吊るすなら
立体仕上げにしてもいいですね。

夏にまつわる季節飾りは
他にもたくさんありますが、
夏の風物詩の1つなので
ぜひとも作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑