折り紙 カブトムシ リアルな折り方-難しい立体の作り方 上級向け

カブトムシの折り紙の折り方です。

・2枚(3枚)で作るカブトムシの折り紙
・立体の難しいカブトムシの折り紙

本格的な上級者向けの
リアルなカブト虫の
折り方をご紹介します。

スポンサードリンク

折り紙 カブトムシ 2枚で作る折り方

折り紙2枚で作る
やや立体ぽいですが、
平面仕上げになる
カブトムシの作り方です。

折り紙2枚といっても、
胴体1枚、足2枚(1枚を半分割)
で合計3枚の紙から作ります。

動画の通りに進めていけば
簡単に作れると思います。

簡単ですが胴体の模様とか
わりとリアルに仕上がります。

難しいのは頭角(ようかく)
の先っちょの仕上げですね。

動画をよく見て折り込んでいってくださいね。

足も付けるので
なかなかリアルで本格的な
カブトムシの折り紙になります。

平面仕上げで本格的な
形になるカブトムシで、
複数の折り紙で作るので
子供が作るのにちょうどいい
折り紙工作になりますよ。

折り紙 カブトムシ 立体の折り方-難しい上級の作り方

1枚の折り紙から
折り上げていきます。

本格的な立体仕上げの
上級者向けの折り紙になります。

2通りご紹介しますので
お好みの折り方で作ってみてください。

立体のカブトムシ折り方

折り紙は 20cm×20cm
の折り紙を使っています。

この作り方動画は
ゆっくり丁寧に折ってくれていて
折り方のわかりやすい図面が
右上に表示されているので
作りやすいと思います。

・・・まあ、作っていると
ずっと動画の方ばかり
見るようになると思いますが。

作り方動画はかなりの
長時間になっていますが、
同じ工程を繰り返している
場面が多いので心配しないでください。

折り紙は薄手のもので
大きいのがおススメですね。

私は通常の15cmの折り紙で
作りましたが、けっこう
厳しかったですね・・・
イビツな形になってしまいました。

何度か作っていくと
慣れてくると思います。

難しいリアルな立体カブトムシ折り方

かなりリアルなカブト虫になります。
しかし折り方はとっても難しいです。

スポンサードリンク

前半で動作が見切れている
部分があったりして
折り方を見失いそうになります。

折り目を付けてから、
本格的な折り込みに入ると
本当に手間がかかります。

よくよく動画を見ながら
折っていかないと、
どこを山折り・谷折り
しているのかわからないくなります。

カブトムシの代名詞である
頭角(とうかく)や
胸角(きょうかく)の
リアルさはもちろんのこと
足の節の細かい仕上げも完璧です。

かなりの根気が必要ですし、
折り紙に慣れていないと
本当に難しい上級者向けの
折り紙だと思います。

折り紙 カブトムシ 3枚 簡単貼り合せ作り方

カブトの頭、胴体、足を
折り紙3枚使って作り、
貼り合わせる簡単な工作になります。

難しい折り方にお手上げ!
という方におススメします(笑)

でもいいですね、こういう作り方。

動画ではカブトムシの足を
なぜだか赤の折り紙で
作っていますね・・・
茶色の折り紙が足りなかったのでしょうか?

同じ色で作った方がいいと思います。

夏休みに子供たちに
作ってほしい折り紙工作です。

複数の折り紙で作るカブト虫、難しい立体的なリアルなカブトムシの折り紙をご紹介しました。
もっと簡単シンプルなカブト虫の折り方も特集していますので、参考の1つにしてみてください。

>> 簡単な作り方 一枚で平面~立体仕上げ

折り紙 カブトムシ リアルな難しい折り方-まとめ

今回は難しいカブト虫の
折り紙をご紹介しました。

最初の複数の折り紙から作る
平面仕上げの折り方は
わりと簡単に作れます。

リアルに仕上がる
難しい立体の作り方は
まさに上級者向けです。

ぜひとも夏の季節飾り
として作ってみてください。

小学生の夏休みの自由工作で
挑戦してみてもいいですね。

幼稚園や保育園といった
小さなお子さんだと
さすがにムリだと思うので、
簡単な作り方の方を
参考にしてみてください。

高齢者施設のお年寄りの
レクリエーションなどで
手芸が得意な方であれば、
根気よく折っていけば、
もしかしたら上級の折り方も
作れるのではないでしょうか。

カッコいいカブト虫を作ってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑