折り紙 ひまわり 平面の簡単な折り方&8枚ユニット壁面飾り作り方

折り紙で簡単に作れる
ヒマワリの折り方をまとめてみました。

・簡単な平面ヒマワリの折り紙
・ひまわりのもっとも簡単な折り方
・ユニット組み合わせ壁面飾り
(ひまわりの葉っぱの折り方も)

今回は簡単な折り方ですので、
気軽に楽しんで作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

折り紙 ひまわり 折り方 簡単な作り方

まずは平面に仕上がる
簡単な向日葵の折り方で、
折り紙2枚で作ります。

種の部分の折り方ですが、
動画では花びらと同じ
大きさの折り紙で作っています。

これを4分の1の
大きさの折り紙で作るなら、
折り込みが1回で済みます。

花びらが通常の15cmの
折り紙で作ったなら、
種にする折り紙は
7.5cmの大きさになります。

15cmの折り紙を4分の1
にカットしてもいいですね。

同じ大きさの折り紙で
種の部分を折っていくと、
かさ張る感じがします。

外側の花びらを作る折り紙は
両面カラー(両面黄色)
の折り紙があればいいですね。

とっても簡単ですので、
小さなお子さんでも作れますよ。

折り紙 ひまわり もっとも簡単な折り方

2枚の折り紙から作る
簡単なひまわりの折り紙です。

先ほどと似ていますが、
こちらはもっと簡単に作れます。

ひまわりの葉っぱと
茎も付け加えた花飾りの
折り方になります。

幼稚園や保育園といった
園児たちでもすぐに作れる
簡単な折り紙ですね。

この作り方ならひまわりの
花と茎と葉っぱが一緒なので
たくさん作って花壇の中で
寄り添って咲いている
ように製作してもいいですね。

素敵なヒマワリ飾りを
作ってみてくださいね。

折り紙 ひまわり 壁面飾り 8枚ユニット平面仕上げ

簡単ユニットを8つ作って
組み合わせる平面仕上げの
向日葵(ヒマワリ)の折り紙工作です。

・7.5cm×8枚 ・13cm×1枚

13cmの折り紙という
イレギュラーな大きさですが、
通常の15cmの折り紙から
2cmほどカットして製作してください。

ただこれは種となる部分を
裏面からピッタリと
ハメ込むための大きさです。

スポンサードリンク

動画に沿って作って頂くと
お分かりになると思いますが、
中心の種の部分は、
表から見える範囲は
限られています。

見える範囲の大きさに
カットして裏面から
ノリやセロテープなどで
貼り付けてもいいと思います。

※8つのユニットも
セロテープなどで固定する
必要があると思います。

通常の15cmの折り紙で
8つのユニットを作ると
かなり大きいリースの
ような折り紙飾りができます。

幼稚園や保育園で
園児たちと壁面飾りとして
製作してもいいですし、
ご家庭で子供と手作り工作
してもいいですね。

ユニットはとても簡単で、
小さなお子さんでも作れると思いますよ♪

折り紙 ひまわり 葉っぱ 折り方作り方

ユニットで作った大きな
ひまわりの折り紙飾りは
それだけでも十分素敵な
ものかもしれませんが、
壁面飾りにするなら、
さらにアクセントとして
ひまわりの葉っぱも
作ってみてはどうでしょうか?

今回は簡単な平面仕上げの
折り方ということで、
葉っぱの折り方も
簡単に作れるものを
ご紹介したいと思います。

2通りとも7.5cmの折り紙ですね。

8ユニット組み合わせの
ヒマワリを動画の通りに
作った場合、普通の15cmの
折り紙で葉っぱを作ったら
大きすぎますし、7.5cmの
折り紙で作ったら小さすぎます。

10cmにカットして作ったら
ちょうどいいくらいです。

向日葵の大きさによって、
適度な葉っぱの大きさに
なるように折り紙をカットして
作ってみてくださいね。

簡単なヒマワリの他にも、立体のひまわりの折り紙もまとめています。
もしよかったらシンプルな平面仕上げだけではなく、難し目の立体のヒマワリの折り紙にも挑戦してみてください。

>> 立体ひまわりの折り紙の折り方 簡単&上級向けの作り方

折り紙 ひまわり 簡単な作り方 まとめ

向日葵(ヒマワリ)の
折り紙をご紹介しました。

今回は簡単な平面仕上げ、
壁面飾りにできる作り方
でしたので、わりと簡単に
作れると思います。

小学生や幼稚園、保育園の
園児たちはもちろんのこと
高齢者施設のお年寄りまで
工作レクリエーションで
楽しんで作れる折り紙遊びです。

もっと難しめのヒマワリを
作りたいのであれば立体仕上げの
向日葵にも挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑