幼稚園保育園 梅雨の折り紙など6月の季節飾り作り方 壁面飾り製作

幼稚園や保育園で6月の季節飾り
をするのに題材となるものは?

幼稚園や保育園で園児たちが
みんなで楽しく製作できる
6月の梅雨にまつわる
手作り工作・イラスト作成
をまとめてみました。

3歳児、4歳児、5歳児、6歳児
の園児でも製作できるので
ご家庭の子供部屋の壁面飾り
にも最適な折り紙工作ですよ。

スポンサードリンク

幼稚園 保育園 6月の梅雨 折り紙の折り方

幼稚園や保育園の園児たち
でも簡単に作れる折り紙です。

6月の梅雨の季節にまつわる
折り紙飾りはたくさんあります。

★ 紫陽花(アジサイ)簡単な折り紙
★ 紫陽花(あじさい)難しい立体の折り紙

★ かえるの折り紙 簡単な平面&立体
★ かえるの折り紙 上級のリアルで難しい立体
★ かえるの折り紙 口パクパク動くパペット
★ かえるの折り紙 ぴょんぴょん よく飛び跳ねる

★ かたつむり 簡単な折り紙
★ かたつむり 立体の折り紙

★ 傘の折り紙 平面&簡単な立体
★ 傘の折り紙 立体の開閉するかさ

★ てるてるぼうずの折り紙

★ レインコート・レインブーツ・雨のしずく

>> 6月の折り紙 折り方 季節飾り作り方のまとめ

梅雨飾りの題材によっては、
簡単な平面タイプの折り方と
立体になる難しい折り方を
それぞれまとめています。

幼稚園や保育園の園内の
壁飾りにするのであれば、
簡単な平面タイプの折り方が
参考になると思います。

ご家庭に園児をお持ちの
ご家庭で子供たちと一緒になって
折り紙遊びをしてもいいでしょう。

壁飾りにするなら
紫陽花の平面仕上げの
折り紙工作はおススメですね。

園児でグループを作って
壁に飾る大きな紫陽花を作ってみてください。

※カエルの折り紙に関しては
動きのある折り紙作品の
作り方もありますので、
小さな子供にとっては、
ピョンと飛び跳ねる蛙や
パクパクと口の動く蛙の
折り紙工作の方が喜ぶと思います。

※特に幼稚園、保育園なら
・レインコートの折り紙
・レインブーツの折り紙
・雨のしずくの顔の折り紙
をセットで作り合体させると、
ゆるキャラのように仕上がる折り紙工作です。

幼稚園や保育園の壁飾りに
たくさん作って飾ってもらいたいですね。

立体仕上げの折り紙は
クラフトペーパー工作に
近くなるものもあるので、
園児たちにはムリかもしれません。

スポンサードリンク

他にも6月にまつわる
花の折り紙・クラフト工作の
特集記事も参考にしてみてください。

>> 6月の折り紙 折り方 季節飾り作り方~梅雨や花の簡単製作

幼稚園・保育園 6月の梅雨のイラスト簡単な描き方

壁面飾りなどのために
梅雨の季節の無料イラストを
ネットからダウンロードしても
いいと思いますが、やはり
手描きのイラストの方がいいものです。

折り紙・クラフト工作に加え
手描きのイラストも加えると
梅雨の季節飾りもより一層
華やかなものになると思います。

代表的な3つのイラストの
簡単な描き方をご紹介しますので
ぜひともマスターしてみてくださいね。

6月の梅雨の季節 イラスト 紫陽花(あじさい)の描き方

6月の梅雨の季節 イラスト 蛙(かえる)の描き方

6月の梅雨の季節 イラスト かたつむりの描き方

絵自体を子供たちが
描いてもいいですし、
保育士さんや先生が
サインペンで下書きをして、
子供たちにイラストの
塗り絵をさせてもいいですよね。

紫陽花をたくさん描いて
色鮮やかな塗り絵のイラストを
たくさん壁飾りにしてみてくださいね。

幼稚園保育園 6月の梅雨の季節飾り作り方 まとめ

幼稚園や保育園で作れる
6月の梅雨にまつわる飾りの
手作り製作についてご紹介しました。

3歳児、4歳児、5歳児、6歳児
くらいのお子さんでも製作できる
6月の季節飾りの作り方です。

幼稚園や保育園によって
違いがあると思いますが、
壁面飾りを先生たちで
サッと作って飾る園もありますし、
園児たちの手作りの作品を
飾ることもあると思います。

または、小さな園児を
お子さんに持つご家庭で、
子供部屋の壁飾りにも
参考にしもらえると思います。

園児たちの遊びの一環として、
また手作り工作による
物づくり学習として
みんなで楽しんで作ってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑