開運線・向上線 手相を書いて変えられる?開運線・向上線を改善する

手相を書く!手相をペンで書き足す手相占いで運命を変えるのか?

という記事をもとに、
開運線・向上線をより良い状態に描けるよう
開運線・向上線についてまとめてみました。

この2つの手相は、生命線から伸びているもので、
生命線の存在が大前提となります。

手相占いの源といわれる、
生命線の良し悪しの方が重要になってくるわけで、
詳しくは、生命線の記事をご覧ください。

しっかりとした生命線を土台として、
開運線・向上線を書き込むことによって
よりあなたの人生を上向きにできるキッカケになるかもしれません。

スポンサードリンク

開運線 入学・就職・転職・独立開業・結婚
人生の新たなスタートは開運線で切り開こう!

開運線は、生命線を始点として中指に向かって伸びる線です。

あなたは、自分の人生において、目標や夢をかなえたい、
それに向かって、新しい一歩を踏み出したい、新たなスタートを切りたい、
というのであれば、この開運線をチェックしてみて下さい。

開運線は、新たなスタートにふさわしい手相と言え、
夢といった大げさなものではなくても、
就職、独立開業、結婚、一戸建ての購入など、
人生の転機となるときに、この開運線があると、
良い結果が出るかもしれません。

生命線の記事でご紹介した、流年法を参考に、あなたの年齢を当てはめ、
今もしくはスタートしたい年齢の時期に当てはまる生命線から、
この開運線をしっかりと、ペンで書き込んでみて下さい。

開運線が、しっかりと太く長く伸びていると、
大きな飛躍・転機となる可能性があります。

開運線が短いと、小さ目ではありますが、
人生が飛躍するキッカケはあります。

開運線


開運線の基本的な形です。
生命線から、中指へ向かって、縦に刻まれている手相です。


生命線からではなく、金星丘から伸びている場合があります。
これは、身内の援助によって
(生命線の流年法から年齢も当てはめてください)


生命線から、中指に向かうのではなく、
薬指に向かって伸びている開運線は、
大きな成功を収め、大きな冨を得ることができ、
名声も手に入れることができると言われています。
(生命線の流年法から年齢も当てはめてください)

スポンサードリンク

生命線の流年法

手相  生命線 流年

向上線 目標達成をしたい!向上線で努力を重ねよう

向上線は、生命線を始点として人差し指に向かって伸びる線です。

向上線がクッキリと刻まれている人は、
人生の目標や夢に対して、決してあきらめず、
自分の決めた目標達成のために努力を惜しまない人です。

向上線 手相

生命線の流年法をからめてチェックして頂きたいのですが、
この向上線の始点となっている年齢から、
目標に向かって努力をしだすキッカケになると示唆しています。

人差し指の付け根まで、向上線が伸びている場合は、
目標がかなり大きく、その目標に向かって強い願望達成を持つようになります。

長い・短いもあると思いますが、
長い向上線であればあるほど、長い期間にわたって、
あるいは、人生をかけてずっと努力を継続する人です。

この向上線は、かなりの多くの人に刻まれている手相です。
流年法で見て、だいたい21歳くらいまでに伸びているケースが多いようです。

これから、目標に向かって飛躍したいというのであれば、
今のあなたの年齢の部分から、中指に向かって向上線を書きこんでみましょう。

開運線・向上線を書き込んでみよう!
手相を書くと本当に手相通りの運命に変わるのか?

生命線の流年法を利用して、
あなたの生命線に今の年齢に合わせてくださいね。

もちろん、大前提として、
太くて長い生命線を書いた上にですよ。

水性の金色ペン・銀色ペンで、
しっかりとした開運線・向上線を書きましょう。

後天運を示していると言われている、
右手の開運線・向上線に書き込んでください。

開運線・向上線を書き込むときに、
あなたが思い描く目標達成のイメージを
鮮明に描きながら、生命線を太く書いた上に、
今までご紹介した中で、理想とする開運線・向上線を書いてみて下さい。

一生努力を続けたい、一生をかけて達成したい夢がある
人生の新たな門出に立っている
人生の新しいスタートが迫っている
素晴らしい人生のスタートを切りたい
就職・入学・転勤・結婚・離婚・引っ越しをする

そんな時には、開運線・向上線を使って、
良い人生を送れるキッカケを作ってみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑