運命線-手相を書いて運命線を変える!?理想の運命線を書くためには?

手相を書く!手相をペンで書き足す手相占いで運命を変えるのか?

という記事をもとに、理想の運命線を描けるように
運命線についてまとめてみました。

運命線とは手のひらの下から、
中指に向かって伸びているシワが運命線と呼ばれるものです。
運命線の図(画像)をご確認ください。

運命線 手相

運命線は、あなたの人生の指針というか、どのような人生を送るのか、
人生そのものの質、運勢の強さ、人生の転換を迎えるといったことを計ります。

運命線は、生命線とともに重要な手相になります。
運命線といっても、人によって形や伸び方は千差万別です。
詳しい違いは、後ほど紹介しますが、単純に太い、細いで判断すると・・・

スポンサードリンク

太い運命線

充実した力強い日々を送り、仕事や生活全般において
懸命に生きている方に現れやすいと言われています。
厳しい環境下においても、自分の力を最大限引き出し、
難題も乗り越えて力強く生きている人です。

細い運命線

「あなたは線が細いね」という言葉があるように、
人生そのものが頼りない、目的もなく、
不安定な状況に陥っていると言われています。
優柔不断で、フラフラした毎日を送ってしまい、
人生が虚しく、弱弱しい感じで終わってしまうかもしれません。

運命線が細いのであれば、ぜひとも太く書き込んで、
運命そのものを変えてみたいものです。

それでは、いろいろなタイプに分かれている
各種運命線をご紹介します。

運命線もいろいろ-人気線など各種運命線

運命線パターン 手相


知能線から伸びる運命線は、才能の豊かさを示しています。
あなた自身の才能によって、大きく運命を切り開いていきます。
才能に恵まれているという示唆です。


小指側から伸びる運命線は、別名「人気線」とも言われます。
周りの人達から人気を得て、自然とあなたを持ち上げてくれるようになります。
まさに人気者になれるので、芸能人向きといった運命線かもしれません。
人の援助により、ピンチになったときでも復活できる
幸福を呼び込む運命線と言われています。

スポンサードリンク


手首の中央から、まっすぐ伸びている運命線は、
その形の通り、我が道を行く、という人が持っている手相です。
あまり周囲の援助を求めず、ひたすら己を貫き通す人です。
人によっては、自ら道を切り開くことで大成功を収めるケースも多いようです。


親指側から伸びている運命線は、長男・長女を示唆しています。
この運命線を持っていると、家を継いだりすると言われています。
面白い運命線ですね。本当なら、色々と考えてしまう人もいるのでは?


生命線の下から伸びている運命線は、
努力と根性を合わせ持った人が持つ手相です。
自らの力で事を成す、すばらしい人であることを示唆しています。

運命線でも、どこから伸びているかで色々あるんですね。
あなたの運命線はどうでしたか?

こっちの運命線の方がいい!というのであれば、
理想の運命線を、しっかり書き込んでみて下さい。

注意点は、しっかりと太い線で書き込むということですね。

運命線を書いてみよう!理想の運命線で悩みや不安は解消できる?

運命線が枝分かれしている
運命線が切れてる
運命線が細々と切れ切れにしかない
運命線がいっぱいある、たくさんあるのでよくわからない
運命線が平行して二本ある・・・どういうこと??
運命線が細いので、自分の運命そのものが不安でたまらない

運命線1つとっても、色んな気になるポイント・悩みが生じると思います。

手相占いは必ず当たるものだとは思いませんが、
自分の運命線に不安がある、もっとしっかりとした運命線がいいのに、
と不安ばかり抱えていても、悪循環なだけです。

では、ペン(金色・銀色推奨)で運命線を書いてみましょう。
あなたの理想とする運命線にしてしまいましょう。

後天運を示していると言われている、
右手の運命線に書き込んでください。

運命線を書き込むときに、
あなたの理想の運命を明確にイメージしながら、
運命線を太く書き込みましょう。

仕事で大活躍したい!才能を活かしたい!
毎日充実したハリのある人生を送りたい!
人気者になる運命がいい!
努力や根性がないので、それを身に付ける運命線がいい!

どんな運命が、あなたの理想ですか?

あなたの望む運命線を、太く書き込んでみて下さい。

次回は、生命線についてです。お楽しみに!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑