伊勢神宮 参拝 方法-伊勢神宮の正式参拝の作法 参拝コース順序など

ise2-m
伊勢神宮は、日本屈指のパワースポットとして有名ですよね。
伊勢神宮にお参りするときの
古くからの習わしである参拝コース、
正しい参拝ルートや参拝手順
参拝時間などまとめてみました。

スポンサードリンク

伊勢神宮 正しい参拝コース

基本的にお伊勢参りは
「外宮(げくう)」から「内宮(ないくう)」へと
お参りするのが正しい順序です。

しかし参拝するにあたって、
お時間があるようでしたら
「二見興玉神社」で浜参宮をしてから、
「外宮」→「内宮」へと参るのが古くからの習わしです。

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

JR二見浦駅から徒歩15分

境内の磯合にある夫婦岩(めおといわ)は
大小2つの岩が寄り添うように並ぶ
夫婦円満のシンボルといわれています。

isemeoto-2-m
縁結びのパワースポットとしても有名です。

伊勢神宮 外宮

豊受大御神(とようけのおおみかみ)
が祀られています。

衣食住やすべての恵みを
与えてくださるという産業の守護神です。

交通アクセス
・近鉄/JR伊勢市駅から徒歩7分
 参拝時間:5:00~17:00 ※季節により変動します
 二見興玉神社からバスで約20分

伊勢神宮 内宮

天照大御神(あまてらすおおみかみ)
が祀られています。

あらゆる生命を育む太陽神です。

広大な敷地には五十鈴川や
別宮などが点在し、神聖な空気が漂っています。

交通アクセス
・近鉄宇治山田駅から
 三重交通バスにて約15~20分
 内宮前下車

 ※バス停から内宮正殿までは徒歩約20分かかります
 参拝時間:5:00~17:00 ※季節により変動します

伊勢神宮 参拝方法 正式な参拝作法とは?

1、内宮の参道は右側を歩くこと
2、内宮の手水舎で手と口を清めましょう
3、一の鳥居は神域の入り口なので、会釈してからくぐりましょう
4、五十鈴川の御手洗い場で手水もできます
5、後正宮への石段を上がり、鳥居をくぐりましょう
6、外玉書垣南御門の前でお参りして、お賽銭を納めます
7、参礼は二拝二拍手一拝です

二拝二拍手一拝とは

スポンサードリンク

二拝
 ご神前に向かって2回頭を下げます。

二拍手
 2回拍手をするわけですが、
 まず右手を少し下にずらした状態で拍手してください。
 そのあと指先をきちんと合わせてから祈ります。

一拝
 最後にもう一度おじぎをします。

伊勢神宮 参拝ルート おすすめの参拝コース

外宮・内宮ともに、正宮から
お参りされるのがいいでしょう。

外宮~内宮間は約5kmです。

● 伊勢神宮 外宮(産業と衣食住の神様)

御正宮(ごしょうぐう)
 ↓
多賀宮(たかのみや)
 ↓
土宮(つちのみや)
 ↓
風宮(かぜのみや)

● 伊勢神宮 内宮(生命を育む神)

御正宮(ごしょうぐう)
 ↓
荒祭宮(あらまつりのみや)
 ↓
風日祈宮(かざひのみのみや)

これら外宮・内宮を中心として、
それぞれに別宮や摂社、末社、所管社と
呼ばれる宮社が存在します。

全ての宮社を合わせると125社になり、
伊勢神宮はその総称として呼ばれています。

お時間があるのであれば、
ぜひともお参りしてみてくださいね。

内宮・外宮のご正宮に次いで
格が高い「別宮」の参拝がおすすめです。

伊勢神宮バリアフリー環境

伊勢神宮 参拝 車椅子は?

車椅子でも参拝はできます。
階段があるところもあるので、
介助の方が担いで登る必要があります。

車椅子の貸し出し

内宮には介助式車椅子8台
電動式車椅子(要介助)4台
宇治橋前衛士見張所にて受付しています

外宮には介助式車椅子2台
電動式車椅子(要介助)4台
火除橋前衛士見張所にて受付しています

予約は必要ありませんが、台数がすくないので
連休や土日、年末年始は待たないといけない場合があります。

伊勢神宮のトイレ(障害者用トイレあり)

内宮には障害者(車椅子)対応トイレ3ヶ所
一般トイレ(和洋式)4ヶ所。

外宮は障害者(車椅子)対応トイレ2ヶ所
一般トイレ(和洋式)2ヶ所。

伊勢神宮 その他の情報

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑